なぜ、コンサルタントが必要なのか?

The following two tabs change content below.

栃本 常善

株式会社マーケティング・エッセンシャルズ 代表取締役  マーケティングコンサルタント/Initiative Entrepreneurアカデミー(起業家のビジネススクール)主宰 1985年生まれ、奈良県出身 大学卒業後、人材派遣・紹介会社で営業、その後ベンチャー系のWEB制作会社に転職し、営業兼WEBコンサルタントを経験。トップセールスとなる。しかし、WEBだけではクライアントに貢献できないと痛感し、28歳でマーケティングコンサルタントとして独立。 現在では、経営者としてウェブ制作・プロモーション支援をする会社を経営しながら、個人起業家のためのビジネススクール「IEA」を主宰し、ウェブ集客とマーケティング、セールスを教えている。

こんにちは。栃本常善です。

なぜ、コーチ・コンサルタントが必要なのか?というテーマで本日はお届けしたいと思います。

いろいろな起業家、経営者を見ていると、上手く、外部のコンサルタントを使えている起業家、経営者の方が、

成果をあげるのも早いように思います。苦手なことを自分で時間をかけてやるのは時間がかかりすぎるし、

その間、本業はおろそかになる。プレイヤーをされている経営者は特にそういう傾向が顕著に表れます。苦手なところは、お金を払って得意な人に依頼する。一から考えるよりもいろいろな業種や業界、他社の成功事例を知っているコンサルタントにアイデアやヒントをもらったり、必要であれば、多少管理してもらいながら、行動をある程度縛ってもらう、ということも必要です。

特に経営者は、誰にも指摘されたり、管理されることなんてないですからね。まあ管理されたくないから、独立している人もいると思いますが、、、(笑)

でも、人に何も言われない環境ほど、寂しいものはありません。

実際に僕もそうです。コンサルタントについてもらって、定期的に報告をしたり、色々なアイデアや気づきを得たり、刺激を頂いています。

この効果は本当に大きいです。どうしても人は、自分を客観視できない生き物です。

知らないうちに、当たり前に通るべき線路をいつの間にか脱線し、よくわからない目的地に向かって進んでいることがよくあります。これが不思議なことに冷静に客観視していれば気づくようなことに、自分では気づけないのです。

だから、コーチ、コンサルタントのようなパートナーが必要なのです。しかも、社員を雇うよりも安い金額で雇えるわけです。あなたは幹部社員を育てようといつまで採用に力を入れるつもりですか?

幹部社員ではなく、自分と同じ立場で話ができるパートナーが欲しいのでは?幹部社員を中途採用するのは、正直かなり難しいですよ。また、今いる社員を幹部社員に育てる、というのは、理念、ビジョン作りをして、人が育つ強い組織にしなければなりません。だったら、ここらで外部のパートナーを使いながら、売上と利益が取れる店舗、会社を作り、長期的な採用戦略を作っていく、というのも一つです。

または、あなたが1人ビジネスをされている方なら、一から何もかも考えて、自分でやるのは無謀です。

なぜなら、ライバルはそうこうしている間に、どんどん投資をして、コンサルを雇ったり、多額の広告費を投じて、集客したり、お客の囲い込みをしているわけですから。どっちが早いでしょうか?もしゆっくりとマイペースでやっていきたいなら、それでいいと思います。

このメールが、あなたが変わるきっかけになれば幸いです。


[無料]高額商品が売れる仕組み作り9ステップWebセミナー

この記事が面白い!勉強になったと思ったらSNSでシェアお願いします!