「講師」と「司会」は違う

The following two tabs change content below.

栃本 常善

株式会社マーケティング・エッセンシャルズ 代表取締役  マーケティングコンサルタント/Initiative Entrepreneurアカデミー(起業家のビジネススクール)主宰 1985年生まれ、奈良県出身 大学卒業後、人材派遣・紹介会社で営業、その後ベンチャー系のWEB制作会社に転職し、営業兼WEBコンサルタントを経験。トップセールスとなる。しかし、WEBだけではクライアントに貢献できないと痛感し、28歳でマーケティングコンサルタントとして独立。 現在では、経営者としてウェブ制作・プロモーション支援をする会社を経営しながら、個人起業家のためのビジネススクール「IEA」を主宰し、ウェブ集客とマーケティング、セールスを教えている。

こんにちは。商品と情熱に自信がある経営者のビジョンを実現するマーケティングコンサルタント、株式会社マーケティング・エッセンシャルズの栃本常善です。

原稿を決して読んではいけない

昨日は僕が所属している青年同友会の集まりで、先日の例会というイベントの反省会&打上げでした。
僕は、今回司会という大役を任されたわけですが、結果は、序盤に「原稿をカミまくる」という残念な結果に終わりました。
そこで、今回僕が最も学んだ教訓。
それは、「栃本は、原稿を決して読んではいけない」ということ。
なぜなら、僕は昔から滑舌の悪さはピカイチ。
子供の時も自宅の電話に出るときに、「はい、とちもとです」
と言わなければならないのを「はい、と%$&¥#です」とめちゃくちゃ早口になって何言っているかわからないので、よく電話口の相手に「どちら様ですか?」と電話をかけてきた相手に逆に聞き返されるという悲惨な状態に。

最近セミナーを毎月のようによくやっているので滑舌が悪いことを忘れかけていましたが、
今回司会をやったことによって、そのことを改めて思い出すことができました。

 

少し言い訳をさせてください。

セミナーは原稿を読む必要がありません。
でも、司会はある程度決まった進行をしていかなければならないため、どうしても読まないといけないところが出てきてしまいます。そうすると、僕の滑舌の悪さが露呈しまうのです。

今後は、できれば原稿が決まった司会を僕に頼まない方がいいかもしれません(笑)
ただ、セミナー講師の依頼は大歓迎です。
だって、セミナー講師は原稿読まなくていいですからね(笑)
昔からそうなのですが、どちらかというと、その場の感じで話をするのがどちらかというと得意な方です。
そういえば、前職のWEB会社で毎年開催されるビジネスプランコンテストの時もそうでした。
なんとか決勝戦まで残り全社180人?くらいの前でメインプレゼンターとしてプレゼンテーションした時もある程度流れを決めて、
原稿もざっくりと用意はしていたんですが、プレゼンしながら、「はなしにきーな(話しにくいなという意味です)」と原稿を「えいやっ」と演台において、壇上の中央までトコトコと出て行き、完全アドリブでいつの間にかしゃべり出してしまいました。
あれは、完全に勢いでしたね。自分が一番びっくりするくらいのアドリブ力だったと思います。
結果は、3位となって優勝することはできませんが、社長と取締役の評価はかなり良かったので、それだけが唯一の救いでした。

話が少しそれましたが、今日は何が言いたかったかというと僕がいかに司会が苦手で、いかにセミナーや講演みたいな人前で話すことが好きなのかをお伝えしたかったのです。
セミナー講師のご依頼をお待ちしております。(笑)

本日も最後まで読んでいただきまして、
ありがとうございました。
===============


◼︎LINE@始めました♫
期間限定友達追加の特典として以下の3つからお好きな動画をプレゼントしています!

①無形商品・サービスを提供している専門家のためのノウハウの出し方
②facebookでお金をかけずに効率的に見込み客を集める方法
③スムーズに売れる高単価商品を作る3つの秘訣
↓↓↓
https://line.me/R/ti/p/%40pxh5737t

◆登録方法◆
1.上記URLをクリックするか、LINEアプリを開く
2.友だち追加画面を開く
3.「@tochi-t」を検索▶︎追加
===============


この記事が面白い!勉強になったと思ったらSNSでシェアお願いします!