「メルマガは読まれないからLINE@」は本当にそれで良いのか?

The following two tabs change content below.

栃本 常善

株式会社マーケティング・エッセンシャルズ 代表取締役  マーケティングコンサルタント/Initiative Entrepreneurアカデミー(起業家のビジネススクール)主宰 1985年生まれ、奈良県出身 大学卒業後、人材派遣・紹介会社で営業、その後ベンチャー系のWEB制作会社に転職し、営業兼WEBコンサルタントを経験。トップセールスとなる。しかし、WEBだけではクライアントに貢献できないと痛感し、28歳でマーケティングコンサルタントとして独立。 現在では、経営者としてウェブ制作・プロモーション支援をする会社を経営しながら、個人起業家のためのビジネススクール「IEA」を主宰し、ウェブ集客とマーケティング、セールスを教えている。

こんにちは。
ウェブ集客と顧客獲得の仕組み作りの専門家
栃本常善です。

さて、毎月zoomコンサルティングを
させてもらっているクライアントさんから
質問をいただいたので、
少し僕の考えも含めて
シェアしたいと思います。

「メルマガとLINEを使う際の注意点と
LINEをメルマガ的に使うのはどうでしょうか?」
という質問でした。

結構この記事を読んでいる方も
メルマガかLINEのどちらかは
やられている方も多いのではないのでしょうか?

 

僕の意見をズバリ言うと、


————————–
LINEがメルマガにとって代わることはないし、
LINEはメルマガの代わりにはならない
————————–
ということです。

だから、そもそも
天秤にかけること自体が
ちょっと違うとすら思っています。

確かに、
プッシュ型媒体
(こちらからはたらきかけて
情報を届けることができるツール)
であるという点では同じかもしれませんが、

ユーザーの利用用途がちょっと
違うのです。

メールは、基本誰でも
複数アドレスを持っている時代だし、
メールの場合は多少長くなっても
特に問題はないです。

しかし、LINEではどうでしょうか?
おそらく1000文字とかの
LINEメッセージがきたら
受け取る側はどう思うでしょうか?

おそらくむっちゃ迷惑でしょう。

それが何回か続いた日には、
ベンザブロック!(ブロックされるということです)
ですよ。

だから、そもそも効果面の
役割(登録してもらった人にフォロー的な意味合いで
いつでも連絡ができる)は似ているのかもしれませんが、

あくまでメルマガに取って代わる
メディアではそもそもないのです。

ただし、メルマガは
ひと昔前までに比べれば、
確かに発行者が飛躍的に
増えているので、

発行者間での競争は激化しており、
普通に書いて発行しているだけでは、
読まれにくくなっているのは事実です。

しかし、だからといって
メルマガがダメなわけではないのです。

読者に読んでもらうためには、
やはり一工夫必要だし、
読者を飽きさせず、
面白い!と思ってもらえる
メルマガを書く必要があります。
※こちらについてはメルマガブランディング構築術の記事中の「面白い記事を書く秘訣」をご覧ください。

 

ちなみに、LINEは
もっとライトなものと
僕は考えています。

例えば、
ちょっとした近況を写真付きで発信したり、

ブログの更新をLINEで共有したり、

メルマガのリマインドを
LINEで送ったり、

LINE限定での
特別オファーを用意したり、

といったように、どちらかというと、
他媒体と組み合わせて、
メディアミックスさせる
というのが最も効果的だと
考えています。

LINEは僕もまだまだこれからちゃんと活用して
成果に結びつけていく段階なので、
全然偉そうなことは言えませんが、
そんな風に考えています。

ということで、
僕のLINE@はこちらから登録できます。

↓↓↓
⇒LINE@友達追加するなら
にアクセスしてQRコードを読み取るか、
「@tochi-t」でID検索してください。

今ならLINE@登録者の方には、
「単なる名刺交換が半自動で顧客獲得につながる!
オフライン集客の仕組みの作り方」動画を
特別にプレゼントさせていただきます!

ぜひご登録しておいてくださいね。

 

それでは、最後まで読んでいただきまして、
ありがとうございました!


[無料]高額商品が売れる仕組み作り9ステップWebセミナー

この記事が面白い!勉強になったと思ったらSNSでシェアお願いします!