「ニーズ」より「ウォンツ」

The following two tabs change content below.

栃本 常善

株式会社マーケティング・エッセンシャルズ 代表取締役  マーケティングコンサルタント/Initiative Entrepreneurアカデミー(起業家のビジネススクール)主宰 1985年生まれ、奈良県出身 大学卒業後、人材派遣・紹介会社で営業、その後ベンチャー系のWEB制作会社に転職し、営業兼WEBコンサルタントを経験。トップセールスとなる。しかし、WEBだけではクライアントに貢献できないと痛感し、28歳でマーケティングコンサルタントとして独立。 現在では、経営者としてウェブ制作・プロモーション支援をする会社を経営しながら、個人起業家のためのビジネススクール「IEA」を主宰し、ウェブ集客とマーケティング、セールスを教えている。

こんにちは。

マーケティングコンサルタント、

をしています、栃本常善です。

本日は、栄のオフィスより

メルマガをお届けしています。

私には必ず毎月決めていることが

あります。

それは、

「平日に家族と出かける

予定を入れる」ことです。

ちなみに、

私は今月から試しに、

土日休みから

金土休みに

変更をしました。

というのも、

日曜日は結構、

11月、12月とセミナー

を開催、主催したり、

または自分が参加したりと

何かと予定を入れることが

増えてきたので、

嫁さんと相談の上、

決めました。

まあこれをずっと

続けるかはわかりませんが、

一旦やってみようと思っています。。

平日に休みを取るメリットは、

とにかくどこも空いていることです。

だから、

平日にあえて休みを取り、

出かけるようにしています。

混むことに何かしら、

ストレスを抱えますからね。

だからと言って、

平日も朝早くとか、

夕方はラッシュで混みますので、

完全には、逃れられないのですが、、、

さて、本日のテーマにいきます。

「needs」より「wants」

ということですが、

人に商品やサービスを

買ってもらおうとする時に、

「必要なもの」

を売るのか、

それとも、

「欲しい!」

と思うものを売るのか

によって、

あなたのビジネスの売上は

格段に変わってきます。

なぜか、

人というのは、

必要なもの、買うべきもの

にはそれほどお金をかけて、

買おうと思わないからです。

例をあげて説明をすると、

時計を「必要性」という面で

考えるとどうなるか?

だったら、

時計の役割は、

時間が正確に確認

できればいいですよね?

じゃあそういう「必要性」

であなたはロレックスの時計を

買いますか?

おそらく、買わないと思います。

だったら、

1,2万円のG-SHOCKで

充分かもしれません。

じゃあなぜ人は、

何百万もするロレックスを買うのか?

それは、

ロレックスを身につけることに

よって得られる地位や高揚感、

また格好よさなど、

人によって重要視するポイントは様々ですが、

要は、そういったイメージをすることにより、

欲しい!と心から思うからではないでしょうか。

でも、ここで必要性ということを言うと、

ロレックスは全く必要ではありません。

人がなぜロレックスを買っているのか、

それはニーズではなく、ウォンツで買っているのです。

あなたのビジネスでも、

このニーズではなく、

ウォンツにいかに働きかけることができるか?

を考えてみて、

商品作りをしてみてください。

本日も最後までお読みいただきまして、

ありがとうございました。


[無料]高額商品が売れる仕組み作り9ステップWebセミナー

この記事が面白い!勉強になったと思ったらSNSでシェアお願いします!