相手の問題を知ることが重要

The following two tabs change content below.

栃本 常善

株式会社マーケティング・エッセンシャルズ 代表取締役  マーケティングコンサルタント/Initiative Entrepreneurアカデミー(起業家のビジネススクール)主宰 1985年生まれ、奈良県出身 大学卒業後、人材派遣・紹介会社で営業、その後ベンチャー系のWEB制作会社に転職し、営業兼WEBコンサルタントを経験。トップセールスとなる。しかし、WEBだけではクライアントに貢献できないと痛感し、28歳でマーケティングコンサルタントとして独立。 現在では、経営者としてウェブ制作・プロモーション支援をする会社を経営しながら、個人起業家のためのビジネススクール「IEA」を主宰し、ウェブ集客とマーケティング、セールスを教えている。

こんにちは、マーケティングパートナーの栃本です。

ダイレクトレスポンスマーケティングをベースにした
ビジネス構築を得意とするコンサルタントです。

 

あなたもマーケティングをきっと

色々と学んでいるかもしれませんが、

 

本当にマーケティングで

重要なことは

 

相手の問題を知ることなんです。

 

問題からしか良い商品・サービスは生まれません。

 

というか、

画期的な商品なんて、

そう簡単に生まれません。

 

前職の会社は、

「サービスの創造」

というビジョンを掲げていましたが、

 

まったく顧客の抱えている問題を

把握しようとしませんでした。
何か世の中にない、

画期的な商品、新しい商品を

開発しよう!ということに

意識が向いていて、

 

開発しては、

うまくいかず、

また開発しては、

まったく売れず、

という繰り返しでした。
そりゃ売れないでしょ、って。

 

だって、そんな商品を顧客は求めてないし、

そもそもぶっとびすぎていて、

顧客がついてきていない

というものがたくさんありました。

 

ではなくて、

まず着実にビジネスを成長させていくには、

今の顧客やあなたがターゲットとする見込み客が抱えている問題は何か?

その問題をどうすれば解決できるか?

 

これをシンプルに考えれば、

商品・サービスになるわけです。

 

商品を買ってくれたけど、

いまいち使いこなせてない、使い方が難しいという

問題があったら、

 

サポートがしっかりできるコンサルティングサービスや

使い方の解説動画を載せたオンラインサイトによる有料サポートを始めたり、

 

相手の問題がわかれば、

いくらでも商品を増やしていけるわけです。

 

こういうことをしていけば、

顧客は離れていきません。

 

でもこういったバックエンドを販売した後の

メンテナンスをするような

継続型の商品・サービスを持っていない

会社が多すぎるな~と。

 

有料でもいいから

しっかりとサポートをしてください。

 

これをやるだけで、

ダンケネディが常々言っている、

群れ(顧客)にフェンス(離反防止策など)が張れるんです。

 

あなたは顧客の問題にフォーカスできていますか?

 

業界が長いからといって、

顧客の問題に目を向けずに、

知ったかぶっていませんか?

 

本日も最後まで読んでいただきまして、

ありがとうございました。


[無料]高額商品が売れる仕組み作り9ステップWebセミナー

この記事が面白い!勉強になったと思ったらSNSでシェアお願いします!