「商品」をビジネスの中心だと思っていませんか?

The following two tabs change content below.

栃本 常善

株式会社マーケティング・エッセンシャルズ 代表取締役  マーケティングコンサルタント/Initiative Entrepreneurアカデミー(起業家のビジネススクール)主宰 1985年生まれ、奈良県出身 大学卒業後、人材派遣・紹介会社で営業、その後ベンチャー系のWEB制作会社に転職し、営業兼WEBコンサルタントを経験。トップセールスとなる。しかし、WEBだけではクライアントに貢献できないと痛感し、28歳でマーケティングコンサルタントとして独立。 現在では、経営者としてウェブ制作・プロモーション支援をする会社を経営しながら、個人起業家のためのビジネススクール「IEA」を主宰し、ウェブ集客とマーケティング、セールスを教えている。

こんにちは。栃本常善です。

本日も集客・マーケティング講座をお届けします。

 

今回は、

ビジネスの中心を「商品・サービス」だと思っていませんか?

 

です。

 

マーケティングを実践していく上で、

ぜひ変えてもらいたいマインドがあります。

 

それが、

ビジネスの中心を「商品・サービス」から「顧客」に変えて欲しいんです。

 

マーケティングを勉強されている方なら、

当たり前じゃないかと思われるかもしれません。

 

ですが、

あなたがもしなんらかの専門職をされている方なら、

もしかしたらこのマインドをお持ちかもしれません。

専門職の方にとっての商品といえば、

「サービス」や「知識」、「技術」などですね。

 

しかし、

お客さんは商品を買っているのではなくて、

その商品を買うことで得られる「結果」を買っているんです。

 

ですが、

どうしても自分たちの商品を買ってくれているんだと錯覚し、

商品を中心にビジネスを考えてしまいがちですよね。

これが行きすぎてしまうと、

お客さんの役に立ちたい!というよりは、

自分の正しさを証明するようなアプローチになってしまいます。

 

これだと、

ただの売り込みになってしまいます。

 

「プロダクトアウト」

「マーケットイン」

という考え方があります。

 

「プロダクトアウト」は、

売り手が良いと思った商品を作り、売る。

「マーケットイン」は、

顧客が求めているものを作り、売る。

という考え方です。

 

どちらでも成功例はあります。

ただ、「プロダクトアウト」は難易度が高い。

ということだけお話しておきます。

 

典型的な例が、

アップルのアイフォンですね。

 

これは、革新的でしたよね。

スティーブジョブスのカリスマ性、

自分を信じて貫き通した結果です。

ですが、小中規模のビジネスで、

このプロダクトアウトの考え方で

成功できるか?といえば、

それは、かなり難しいです。

 

業界で類を見ないまったく新しい商品・サービスであれば、

話は別かもしれませんが、、、

たいていの場合、

提供している商品・サービスは一緒ですから。

 

そして、

専門職の方が愛着を持っている、

自分たちの知識や技術などの細かいことは、

顧客はわかりません。

 

顧客はそれよりも、

「それによって自分の悩みは解消できるか?」

「自分が求めている結果が得られるか?」

ということを考えています。

 

マーケティングを実践していくなら、

この商品・サービスを利用する

「理由」やそれによって得られる「結果」

を売りましょう。

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

栃本 集客代行オフィス

〒460-0008

愛知県名古屋市中区 3-23-11 モリシマビル4D


[無料]高額商品が売れる仕組み作り9ステップWebセミナー

この記事が面白い!勉強になったと思ったらSNSでシェアお願いします!