成功したいなら、あなたの分野における医者になれ

The following two tabs change content below.

栃本 常善

株式会社マーケティング・エッセンシャルズ 代表取締役  マーケティングコンサルタント/Initiative Entrepreneurアカデミー(起業家のビジネススクール)主宰 1985年生まれ、奈良県出身 大学卒業後、人材派遣・紹介会社で営業、その後ベンチャー系のWEB制作会社に転職し、営業兼WEBコンサルタントを経験。トップセールスとなる。しかし、WEBだけではクライアントに貢献できないと痛感し、28歳でマーケティングコンサルタントとして独立。 現在では、経営者としてウェブ制作・プロモーション支援をする会社を経営しながら、個人起業家のためのビジネススクール「IEA」を主宰し、ウェブ集客とマーケティング、セールスを教えている。

以下の流れを是非覚えておいてください。

 

 

問題認識

 

 

問題を放っておくことで、

 

あなたにどんな

 

ネガティヴなことが起きるか?

 

 

それを防ぐ方法、解決策の提案

 

 

 

そして、

 

あなたは、

 

自分の専門分野における

 

医者になってください。

 

 

 

どういうことかというと、

 

 

 

お医者さんは、

 

 

 

診断・検査

 

 

問題の明確化

 

 

このままだとどうなるか

 

 

それを防ぐには、

 

これです。

 

 

 

という流れで、

 

患者さんにセールスをしています。

 

 

まあセールスと受け入れがたいかも

 

しれませんが、立派なセールス手順を踏んでいます。

 

 

 

なぜお医者さんの言っていることって

 

疑えます?

 

 

疑えないですよね。

 

 

だって、

 

「医者」というポジションができているので、

 

その専門分野に、

 

素人が口突っ込めないですよね。

 

 

あとレントゲンとかCTとか

 

色々な検査・診断機器を使って、

 

証拠を見せますから。

 

 

抵抗できません。

 

 

 

 

つまり、

 

この手順をあなたの分野においても

 

取り入れるということなんです。

 

 

 

例えば、

 

美容師なら、

 

髪の医者になる。

 

 

治療院なら、

 

身体、健康における医者になる。

 

 

ハウスクリーニングなら、

 

カビ、汚れの医者になる。

 

 

設備工事なら、

 

電気設備、水道設備の医者になる。

 

 

工務店・リフォームなら、

 

家の医者になる。

 

 

経営コンサルタントなら、

 

企業経営の医者になる。

 

 

自動車販売なら、

 

自動車の医者になる。

 

 

 

業界関係ないんです。

 

 

そして、

 

必ず最初の段階で、

 

診断や検査という工程を入れて、

 

あなた(あなたのもの)が抱えている問題は、

 

こうですよ。

 

この問題をそのままにしておくと、

 

将来的にこうなりますよ

 

ってことをしっかりと伝えてあげる。

 

 

これだけで

 

あなたのことを信頼して

 

もらいやすくなります。

 

 

 

この考え方で、

 

ビジネスモデル、

 

セールスプロセスを

 

組み立ててみてください。

 

 

劇的に変化しますよ。

 

 

 

何が変化するか?

 

 

お客さんの、

 

あなたに対する見方です。

 

 

 

要は、これがポジショニングです。

 

 

ポジショニングが決まると、

 

あなたは、

 

お客さんから、

 

先生として見られるようになるので、

 

非常にやりやすくなります。

 

 

 

そして、

 

その分野において、

 

困ったことがあったら、

 

すぐあなたを頼って

 

くれるようになります。

 

 

その後のリピート率が違ってきますし、

 

あなたの商品、サービスが売れやすくなります。

 

 

もう一つ、

 

このプロセスの中で、

 

重要なポイントがあるんですが、

 

 

問題の認識から、

 

その問題が引き起こす

 

ネガティブなことを伝える部分です。

 

 

人は、

 

ポジティブなことは基本疑うが、

 

ネガティブなことは受け入れやすい

 

傾向があります。

 

 

つまり、

 

私はすごいんですよ!

 

こんな特徴がありますよ!

 

って言う前に、

 

 

相手が抱える問題により

 

引き起こすネガティブなことを

 

強調した方が、

 

相手はあなたを信頼してくれる

 

ということなんです。

 

 

 

今日の内容は、

 

少し難しいかもしれませんが、

 

わかる人にはわかるはずです。

 

 

 

是非、

 

あなたのビジネスにおける

 

セールスプロセスを見直してみてください。


[無料]高額商品が売れる仕組み作り9ステップWebセミナー

この記事が面白い!勉強になったと思ったらSNSでシェアお願いします!