価格競争から抜け出すには?

The following two tabs change content below.

栃本 常善

株式会社マーケティング・エッセンシャルズ 代表取締役  マーケティングコンサルタント/Initiative Entrepreneurアカデミー(起業家のビジネススクール)主宰 1985年生まれ、奈良県出身 大学卒業後、人材派遣・紹介会社で営業、その後ベンチャー系のWEB制作会社に転職し、営業兼WEBコンサルタントを経験。トップセールスとなる。しかし、WEBだけではクライアントに貢献できないと痛感し、28歳でマーケティングコンサルタントとして独立。 現在では、経営者としてウェブ制作・プロモーション支援をする会社を経営しながら、個人起業家のためのビジネススクール「IEA」を主宰し、ウェブ集客とマーケティング、セールスを教えている。

こんにちは。

栃本 集客代行オフィス 集客代理人の栃本です。

本日は、

価格競争から抜け出すには?

についてです。

価格競争、、、、

いやですよね。

やりたくない。

そう、誰だって安いお金で仕事したくないですよね?

ですが、業界が発展してくると、

価格競争は必ずどの業界でも起きます。

これは誰にも止められない波です。

ただ大手だから、それでも経営が成り立っているだけで、

中小企業がそんなのに付き合っては絶対ダメです。

必ず長期的に必ず経営を圧迫しますから。

もう一度言います。

価格競争には付き合ってはいけません。

じゃあこの価格競争から抜け出すには、

どうすれば?

ということですが、

それは、「価格をあげる」

です。

アルシンドがいたら、こう言われそうです。

「あたりまえ」って。

はい、失礼しました。

もちろん、単に価格を突然あげるだけでは、

お客さんは急に来なくなります。

なので、その前にまずは

あなたの会社の強みを明確にすることです。

そして、明確にしたら、

今度はあらゆるメディアで、

それをしっかり伝えることです。

特に名刺、会社案内、ホームページは必須です。

逆を言えば、

「強みがない」

「強みが伝わっていない」

から

価格競争しかできないです。

これを理解してください。

「ここのお店は、

安いからいいよね」

と思われているかもしれません。

そういったお客さんは必ず値上げをすれば、

「安くないやん」

といって、逃げていきます。

あなたはきっとこう思うかもしれません。

「こんなにやってるのに」

「うちの商品はこんなにいいのに」

「こんなに技術を磨いているのに」

ってなってきます。

でも、それがお客さんにとって価値として感じてもらうことが重要です。

独りよがりになっちゃいますからね。

強みを見つける方法は、シンプルです。

「優良顧客に聞く」です。

だって、

その人は、

何度も来てくれて、

新商品・サービスを買ってくれていて、

口コミや紹介もしてくれる。

あなたの会社のファンです。

その人なら絶対知っています。

あなたの会社の強みを。

だって、そこに価値を感じてくれて、

数あるお店、会社の中から、

あなたの会社を選んでくれているんですから。

強みってなんだろ?

と思ったらまずは、

お客さんに聞いてみてください。

今日も最後まで読んでいただきまして、

ありがとうございました。


[無料]高額商品が売れる仕組み作り9ステップWebセミナー

この記事が面白い!勉強になったと思ったらSNSでシェアお願いします!