「強み」を勘違いしていませんか?

The following two tabs change content below.

栃本 常善

株式会社マーケティング・エッセンシャルズ 代表取締役  マーケティングコンサルタント/Initiative Entrepreneurアカデミー(起業家のビジネススクール)主宰 1985年生まれ、奈良県出身 大学卒業後、人材派遣・紹介会社で営業、その後ベンチャー系のWEB制作会社に転職し、営業兼WEBコンサルタントを経験。トップセールスとなる。しかし、WEBだけではクライアントに貢献できないと痛感し、28歳でマーケティングコンサルタントとして独立。 現在では、経営者としてウェブ制作・プロモーション支援をする会社を経営しながら、個人起業家のためのビジネススクール「IEA」を主宰し、ウェブ集客とマーケティング、セールスを教えている。

こんにちは。

 

『成果』と『売上アップ』にこだわる集客代理人、

 

栃本 集客代行オフィスの栃本です。

 

 

よくいろいろな方が言われることに、

 

「強みを作りなさい」

 

「強みを見つけなさい」

 

「強みを見つけて差別化しなさい」

 

と仰られます。

 

 

 

もちろん強みを見つけることは大事です。

 

そして、

 

その強みを差別化することももちろん大事です。

 

 

ですが、

 

ちょっと待ってください。

 

 

その強みって、

 

あなたがターゲットとするお客さんにとって、

 

価値がある強みですか?

 

 

メリットがありますか?

 

 

自分たちの独りよがりになっていませんか?

 

 

競合との違いを出すことばかりに

 

意識がいっていませんか?

 

 

 

これめちゃくちゃ大事なことなんです。

 

 

 

強みを見つけることばかりに

 

意識がいきすぎて、

 

見つけた強みが、

 

 

「あれ?その強みってお客さん求めてる?」

 

 

ってことがあります。

 

 

 

例えば、治療家さんによくあるんですが、

 

「私は、地域でも珍しい○○療法を行っている治療院です」

 

 

ん?その前にその○○療法って何ですか?

 

みたいな。

 

 

その先生的には凄いと

 

言いたいとこだと思いますが、

 

患者さんは、その○○療法と

 

言われても当然知りません。

 

 

いや、もしかしたら何人かは

 

知っているかもしれませんが、、、

 

 

ただそれって本当に価値があるのか

 

わからないですよね。

 

 

本当にお客さんにとって

 

理解できる強みでないといけませんし、

 

それが価値があるものでなければ、

 

強みの意味がありません。

 

 

 

ですから、

 

強みを見つける

 

差別化をする

 

 

ということの肝心なとこを

 

抜かしてはいけません。

 

 

あくまで、

 

お客さんにとって

 

その強みが意味があるものなのか?

 

価値があるものなのか?

 

 

ぜひ一考えてみてください。

 

また強みをもう一度見直してみてください。

 


この記事が面白い!勉強になったと思ったらSNSでシェアお願いします!