ただひたすら、愚直に実践してみる

The following two tabs change content below.

栃本 常善

株式会社マーケティング・エッセンシャルズ代表取締役/一般社団法人Webコピーライティング協会代表理事/高単価ビジネス構築の専門家/マーケター/ 24歳月収12万⇒28歳起業し現在2社経営/Webマーケティング会社/高単価ビジネス実践会主催//初著書「個人がゼロから高単価ビジネスを作る方法」(仮)絶賛執筆中。

最近、夜寝る前の30分を読書するようにしています。

ちなみに昨日読んだのは、『新・完訳 道は開ける』D・カーネギーです。

なんと、ページ数にして589ページ(笑)

さあ、いつ読み終えることやら、、、、しかも、内容が本当に濃いので、一回読んだだけでは、なかなか理解できない。

なので、この本はさらっと読み流すのではなく、一度読んだら、また同じ章を繰り返す、という読み方をしています。

というのも、この本の帯の裏に、こう書いてあるんです。

―――――――――――――――

この本を最大限に活かすための9つの提言

1、「是が非でも悩み克服の原則を身につけたい」という、深く激しい欲求を育む

2、次の章に進む前に、同じ章をもう一度読む

3、時には読むのを中断し、どうすればそれぞれの提言を実践できるかを自分に問いかける

4、重要事項には傍線を引く

5、毎月復習する

6、機会があれば、必ず本書の原則を当てはめる

7、原則を破ったところをみつけてくれた家族にお礼を支払う

8、自分の進歩を毎週確かめる

9、日記に本書の原則をいつ、どのように応用したかを記録する

―――――――――――――――

 

この提言に従い、一度読んだら同じ章をもう一度読むようにしています。

おそらくこういった、一見やることがバカらしく思えるようなむちゃくちゃ当たり前なことをいかに実行できるか、なんだろーなと思うわけです。

とりあえず私は1~6を取り組んでみます。

 

まあ、こういう原理原則には応用なんていらないわけですね。

この本の解題をされたアチーブメントの青木仁志さんも何十年と毎朝欠かさず、

「私はできる!」

「私は成功者だ!」

といったようなアファメーションをずっと継続してこられているそうです。

でも、本当の成功者というのは、一見、人からすれば、バカらしく思えるようなことを

 

ただひたすら愚直に継続しています。

 

原理原則ってやっぱりあるわけです。

原理原則は、基本外れません。

もし外れたときは、きっとあなたが自ら「外している時」です。

 

「愚直にただひたすら、そのままやってみる。」

 

騙されたと思って、一度やってみてはどうですか?

 

 

 

本日も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。


この記事が面白い!勉強になったと思ったらSNSでシェアお願いします!