「宝の持ち腐れ」になってませんか?

The following two tabs change content below.

栃本 常善

株式会社マーケティング・エッセンシャルズ 代表取締役  マーケティングコンサルタント/Initiative Entrepreneurアカデミー(起業家のビジネススクール)主宰 1985年生まれ、奈良県出身 大学卒業後、人材派遣・紹介会社で営業、その後ベンチャー系のWEB制作会社に転職し、営業兼WEBコンサルタントを経験。トップセールスとなる。しかし、WEBだけではクライアントに貢献できないと痛感し、28歳でマーケティングコンサルタントとして独立。 現在では、経営者としてウェブ制作・プロモーション支援をする会社を経営しながら、個人起業家のためのビジネススクール「IEA」を主宰し、ウェブ集客とマーケティング、セールスを教えている。

こんにちは、マーケティングパートナーの栃本です。

ダイレクトレスポンスマーケティングをベースにした
ビジネス構築を得意とするコンサルタントです。

 

ビジネスとは、

良い商品・サービスを普及し、

それによって価値を感じてもらい、

その対価として報酬を頂く活動のこと。

 

良い商品・サービス・スキルを

持っているだけでは全く意味がない。

 

その商品・サービス・スキルを

本当に必要としている人に

その価値を伝えて届けることで

初めて本当の価値あるものになる。

 

この一連のプロセスが

1セットになっていると

過言ではないくらい、

本当に大事なことじゃないかなと思うわけです。

 

だから、

「うちの商品は、

他社よりこんなところに

違いがあって、こういう特徴もあって、負けない自信はある。

 

あとは知ってもらえさえすれば、

この良さがわかってもらえるんだよ」

 

というようなことを

言われる方がいますが、

 

そういう方に限って、 マーケティング活動ができていないことが多いんです。

 

やっぱり本当に価値ある商品であるならば、

それを普及することが

あなたの使命であり、責任なのです。

 

お医者さんにもし例えるなら、

 

極端に言うと、

病気を治せる技術を

持っているにもかかわらず、

 

それを対外的には発信しないことと同じ状態です。

 

その技術はいくら素晴らしくても、

それでは意味が半減してしまいますよね。

宝の持ち腐れ状態です。

 

あなたは、いつまで宝の持ち腐れ状態を続けますか?

本日も最後まで読んでいただきまして、

ありがとうございました。


[無料]高額商品が売れる仕組み作り9ステップWebセミナー

この記事が面白い!勉強になったと思ったらSNSでシェアお願いします!