僕が関わっているのはコンサルビジネスじゃない。マーケティングだ。

The following two tabs change content below.

栃本 常善

株式会社マーケティング・エッセンシャルズ代表取締役/一般社団法人Webコピーライティング協会代表理事/高単価ビジネス構築の専門家/マーケター/ 24歳月収12万⇒28歳起業し現在2社経営/Webマーケティング会社/高単価ビジネス実践会主催//初著書「個人がゼロから高単価ビジネスを作る方法」(仮)絶賛執筆中。

こんにちは、マーケティングパートナーの栃本です。

ダイレクトレスポンスマーケティングをベースにした ビジネス構築を得意とするコンサルタントです。

さて、今日のテーマです。

本当に最近思うのは、

商品先行型ビジネスをやっている人が

あまりにも多すぎる。

それでは、はっきり言って天井が決まってる中で

ビジネスをしているだけなんですよ。

商品にこだわり、固執しすぎている。

本当に収入を増やしていきたいなら、

売りたい物を売るんじゃなくて、

売れるもの、顧客が欲しいものを売る。

あまりにも、

世の中のビジネスでは、

売りたいものを売りすぎている。

例えば、僕の場合、

コンサルビジネスを

しているんじゃないです。

本質的には、

マーケティングビジネスをしているんですよ。

マーケティングは、

顧客が出発点なんです。

自分が売りたいものは、二の次。

というかそれはどっちでもいい。

自分が売りたいものが、

顧客が欲しいものであることが

理想ではあるけれど、

そんなケースはほとんどない。

僕の使命は、

『世の中にマーケティングを浸透させること』

です。

となってくると、

はっきり言って、それを実現する方法って

コンサルティングをすることだけじゃないんですよ。

マーケティングの考え方は、

ビジネスで成功を収める上で、

絶対必須のスキルなんですよ。

『マーケティングを学ばない』

ほんまに、意味がわからない。

わかった気になるのも、

そろそろやめましょう。

「経営者の最も重要な仕事は、マーケティングだ」

by ダンケネディ

「私はあらゆる集客手段を試してきました。」

ノウハウもかなり学んできました。

それでも、収入が増えない。

そうなってくると、

もはや集客の話じゃないんですよ。

その人の考え方、在り方の問題になってきます。

印鑑屋なんて、

完全に衰退産業なんですよ。

そんな業界であっても、

業績を伸ばし続けている会社がある。

それはなぜか??

売りたいものではなく、

売れるものを売っているから。

本当にシンプルな話。

商品に対するこだわりを持つことは

とても素晴らしいことだが、

僕たちはビジネスをしていることを

忘れてはいけない。

ビジネスは、顧客に価値を感じてもらって、

売れることによって、お金をいただく。

これが、ビジネス。

もしこのへんのところをしっかりと知りたければ、

僕のセミナーに一度来てください。

本日も最後まで読んでいただきまして、

ありがとうございました。

 


この記事が面白い!勉強になったと思ったらSNSでシェアお願いします!