儲かる人と儲からない人の違い

The following two tabs change content below.

栃本 常善

株式会社マーケティング・エッセンシャルズ 代表取締役  マーケティングコンサルタント/Initiative Entrepreneurアカデミー(起業家のビジネススクール)主宰 1985年生まれ、奈良県出身 大学卒業後、人材派遣・紹介会社で営業、その後ベンチャー系のWEB制作会社に転職し、営業兼WEBコンサルタントを経験。トップセールスとなる。しかし、WEBだけではクライアントに貢献できないと痛感し、28歳でマーケティングコンサルタントとして独立。 現在では、経営者としてウェブ制作・プロモーション支援をする会社を経営しながら、個人起業家のためのビジネススクール「IEA」を主宰し、ウェブ集客とマーケティング、セールスを教えている。

こんにちは。商品と情熱に自信がある経営者のビジョンを実現するマーケティングコンサルタント、株式会社マーケティング・エッセンシャルズの栃本常善です。

儲かる人と儲からない人の違い

 

「儲かる人と儲からない人の違い」ということについてお伝えしていきます。
最初に言っておきますが、この「儲かる」の定義は、別に一時的にお金を稼げることを指すわけではないですからね。
あくまでしっかりと安定した事業基盤ができて、利益が出ている状態を指しています。

その上で、本当に儲かる人と儲からない人の違いとは何か?というと、先に結論を言ってしまいますね。

 

それは、「正しい戦略をとっているかどうか」なのです。
戦略とは、高単価・高収益のビジネスモデルを作ることです。
つまり、マーケティングなのです。
マーケティングとは、儲かるビジネスモデルを作ることでもあるのです。
ダンケネディは、社長の仕事はマーケティングだと言っています。
最近、経営計画書作成に関して、お世話になっている(書籍で)古田土会計の古田土先生は、社長の仕事は、「戦略を作ること」と言っています。
要は、ほとんど皆言っていることは、結局のところ角度や表現が違うだけで、一緒なのです。

 

戦略の誤りは、戦術では絶対にカバーできません。

いいですか?
戦略の誤りは、戦術では絶対にカバーできません。
戦略がない人はこうなります。
例えば、「今はLINE @が熱いらしい」
「そうなんや。よし、じゃあLINEやってみよう」
こういう思考の人は、戦略がなく、戦術ベースで物事を考えている人の習慣です。

でも、戦略をしっかりと立てて行動している人というのは、そういった新しい戦術の話にすぐは飛びつきません。

しっかりと戦略をベースに考え、今必要かどうかを取捨選択し、判断できる人です。

あなたはいかがですか?
もし、
・戦略がない、
・戦術ばかりに飛びついてしまっている
・ノウハウコレクターになっている(自分がコレクターだとは認めたくないけど)

という方は、戦略をベースに実践を積み重ねることです。
ちなみにここでそのヒントが見つかりますよ!

<プレセミナーの詳細はこちらから>

 

 


[無料]高額商品が売れる仕組み作り9ステップWebセミナー

この記事が面白い!勉強になったと思ったらSNSでシェアお願いします!