ビジネスの資産に投資をしていますか?

The following two tabs change content below.

栃本 常善

株式会社マーケティング・エッセンシャルズ代表取締役/一般社団法人Webコピーライティング協会代表理事/高単価ビジネス構築の専門家/マーケター/ 24歳月収12万⇒28歳起業し現在2社経営/Webマーケティング会社/高単価ビジネス実践会主催//初著書「個人がゼロから高単価ビジネスを作る方法」(仮)絶賛執筆中。

みなさんは、

ビジネスの資産って何か考えたことはありますか?

資産というと、

例えば、土地や建物などの不動産や株などの

有価証券などが挙げられると思います。

ビジネスにおいて、

この「資産」を作ることと「資産を増やすこと」

に注力ができれば、

長期的に安定したビジネスにすることができます。

そのビジネスの資産とは、以下のようなものを言います。

・顧客リスト

・顧客リストとの関係性

・質の高い商品

・評判

・人脈・ネットワーク

・売れる仕組み(マーケティングシステム)

などです。

この中でも特に念を押して重要視していただきたいのが、

「顧客リスト」

「顧客リストとの関係性」

です。

この顧客リストに投資するということは、

つまり、未来預金を貯めていくことにつながります。

現在預金は、収入です。

この収入、つまり現在預金を増やすことにしか意識が向いていない経営者は、

永遠に目先の収入しか追いかけることができず、

ちょっとした外部要因に影響されてしまいがちです。

ですが、

この未来預金、つまり「顧客リスト」と「顧客リストとの関係性」に投資をすることで、

いつでも収入を生み出すことができるのです。

有名な話で、江戸時代の商人は、

火事が起こると真っ先に大福帳(顧客リスト)

を井戸に投げ入れて、守ったと言われています。

お金がなくなっても、また顧客リストに商品、

サービスを提供すればいいですからね。

でも、顧客リストがなくなってしまえば、

まず顧客リストを一から集めなければいけません。

それくらい顧客リストには、価値がありますし、

またただ顧客リストを増やすだけでなく、

関係性を良好にするのに時間とお金を投資しているか。

それによって、長期的に安定したビジネスに

することができるはずです。

ぜひ、現在預金ばかりではなく、

未来預金を作ることに意識を向けてみてください。


この記事が面白い!勉強になったと思ったらSNSでシェアお願いします!