成功したければ、少数派になれ

The following two tabs change content below.

栃本 常善

株式会社マーケティング・エッセンシャルズ代表取締役/一般社団法人Webコピーライティング協会代表理事/高単価ビジネス構築の専門家/マーケター/ 24歳月収12万⇒28歳起業し現在2社経営/Webマーケティング会社/高単価ビジネス実践会主催//初著書「個人がゼロから高単価ビジネスを作る方法」(仮)絶賛執筆中。

こんにちは。

 

集客・マーケティングコンサルタントの栃本常善です。

 

 

 

経営計画・マーケティングセミナーのご案内です。

 

まだご覧になっていない方、参加を迷われている方は、

 

こちらからチェックしてください。

 

↓↓↓

 

https://tochimototsuneyoshi.com/seminar1/ ‎

本日もマーケティングのヒントをお届けします。

 

 

80:20の法則、パレートの法則ってありますが、

 

 

これって色々な場合で、

 

適応できたりします。

 

 

よくあるのは、

 

 

2割の優秀な社員が、

 

会社全体の8割の成果を出している。

 

 

とか

 

 

2割の優先事項が

 

8割の成果を決定する。

 

 

など。

 

 

 

これ、実は、

 

業界のルールでも言えるんですね。

 

 

「業界というのは、今儲けている人が、

 

儲けていない人を締め出すためにルールを作っている」

 

 

というのを、

 

以前ダン・ケネディが言っていました。

 

 

つまり、2割の人が儲け続けられるようにするために、

 

業界のルールがある。

 

 

ということは、

 

業界のルール通りにやっていては、

 

あなたは成功できないということなんです。

 

 

成功するには、

 

少数派になる必要があるんです。

 

 

でも、成功のためには、

 

必ず周りからの批判や攻撃があります。

 

 

なぜなら、成功させたくないからです。

 

ジェラシーですよね。

 

 

 

世の中の仕組みもそうですよね。

 

世界の富の8割は、2割の富裕層が握っています。

 

 

ということは、

 

残りの8割の人と同じことをやっていては、

 

あなたも8割になります。

 

 

なぜ、小保方さんはメディアにあんなにも叩かれて、

 

潰されてしまったんでしょうか?

 

 

本当にそんなずさんな論文を出したんでしょうか?

 

理研の人ってめちゃくちゃエリートですよね?

 

 

STAP細胞によって、

 

都合が悪くなる業界、会社は?

 

 

ただ言えることは、

 

絶対に触れてはいけないところに

 

触れてしまったということ。

 

 

あなたのビジネスでは、

 

そこまでのことはありません。

 

ただ、必ず攻撃や批判はあります。

 

 

結局は、

 

成功しなければならないということです。

 

 

なぜなら、成功は正しいからです。

 

 

多数派は間違っていて、

 

少数派が常に勝つんです。

 

 

恐れていれば、

 

多数派で終わるだけです。

 

 

恐れずにいくしかないんですよね。

 

結局は。

 

 

 

今日は、

 

80:20の法則、

 

20の方、つまり少数派になれ

 

ということについてでした。

 

 

 

本日も最後まで読んで頂きまして、

 

ありがとうございました。

 


この記事が面白い!勉強になったと思ったらSNSでシェアお願いします!