「戦略」こそ長期的にビジネスを成功させる鍵

The following two tabs change content below.

栃本 常善

株式会社マーケティング・エッセンシャルズ 代表取締役  マーケティングコンサルタント/Initiative Entrepreneurアカデミー(起業家のビジネススクール)主宰 1985年生まれ、奈良県出身 大学卒業後、人材派遣・紹介会社で営業、その後ベンチャー系のWEB制作会社に転職し、営業兼WEBコンサルタントを経験。トップセールスとなる。しかし、WEBだけではクライアントに貢献できないと痛感し、28歳でマーケティングコンサルタントとして独立。 現在では、経営者としてウェブ制作・プロモーション支援をする会社を経営しながら、個人起業家のためのビジネススクール「IEA」を主宰し、ウェブ集客とマーケティング、セールスを教えている。

こんにちは、マーケティングパートナーの栃本です。

ダイレクトレスポンスマーケティングをベースにした
ビジネス構築を得意とするコンサルタントです。

 

ビジネスを長期的に持続させ、

安定した売上、利益を作っていくには、

 

「戦略」がとても大事になります。

 

あなたのビジネスでは、

この「戦略」がしっかりとありますか?

 

戦略とは、

文字通り、「戦い」を「略す」

ことですから、

 

戦略があることによって、

無駄な行動がなくなり、

 

ビジョン、目標に向かって

一貫性を持った計画を立てて、

行動をしていけるわけです。

 

戦略とは、

もっと簡単に言い換えると、

あなたが持っている目標に対して、

それに到達していくための

シナリオみたいなものじゃないかなと

と思います。

 

だから、

この戦略がない人っていうのは、

土台がむちゃくちゃグラグラな

わけですよ。

 

ちょっと風が吹くと

すぐ揺れてしまうみたいな。

 

だから、

巷にあふれているノウハウやテクニックといった

情報という風に煽られてしまうと、

 

すぐ行動がぶれてしまうわけです。

 

でも、戦略がしっかりとある人っていうのは、

こういった風が吹いても

 

そんな簡単には崩れないんですね。

 

結果的には、

戦略がある人っていうのは、

 

目標に早く到達できるわけです。

 

ビジネスは戦略的に行いましょう。

 

変化に適応していくのと、

情報に流されていくのと

 

では、大きな違いがあります。

 

前者は、

目的地がはっきりと決まっているのに対して、

 

後者は、

暗中模索状態です。

 

どこに行っていいかわからない、

という状態です。

 

あなたは今どちらですか?

 

しっかりと目的地は

見えていますか?

 

もし、見えていないのなら、

あなたには戦略が必要です。

 

ダーウィンが言っています。

「もっとも知能が高いものでも、もっとも強いものでもない、変わりゆく環境にもっとも適応できる種が生き残ることができる」と。

 

変化に対する適応力

の土台には「戦略」が必要なのかなと

 

僕は思っています。

 

あなたのビジネスの気づきになれば

幸いです。

 

本日も最後まで読んでいただきまして、

ありがとうございました。


この記事が面白い!勉強になったと思ったらSNSでシェアお願いします!