自己分析してますか?

The following two tabs change content below.

栃本 常善

株式会社マーケティング・エッセンシャルズ代表取締役/一般社団法人Webコピーライティング協会代表理事/高単価ビジネス構築の専門家/マーケター/ 24歳月収12万⇒28歳起業し現在2社経営/Webマーケティング会社/高単価ビジネス実践会主催//初著書「個人がゼロから高単価ビジネスを作る方法」(仮)絶賛執筆中。

こんにちわわ。

栃本です。

皆さん、就職活動の時、自己分析ってされましたか?

きっと一度や二度はされたことがあると思います。

ただこれが意外と社会人になってからしてる人って少ないんですよね。

そして、もっというと自分の会社、店舗のこととなると、さらにしている人は少ないです、、、

自己分析って、一言で言っても、

方法はいくつもあります。

今日は、

ビジネスにおける自己分析について、お話したいと思います。

要は、例えば、

セールスマンであれば、

お客さんはどんなところに価値を感じてくれているのか?

競合他社と比べて何が違うのか?

何で他社ではなく、あなたの会社、またはあなたから商品を買ったのか?

買わないという選択肢もあったのに?

店舗経営者であれば、

お客さんは、

あなたの店舗、サービスのどんなところに価値を感じてくれているのか?

競合店と比べてど何が違うのか?

なんで、行かないという選択肢もあるなかで他店でなく、あなたのお店に来てくれているのか?

などなど。

これらを実際に買ってくれている、利用してくれているお客さんに聞くことです。

自分の思い込みではダメです。

ズレてしまう可能性があるので。

就職活動の自己分析でもありましたよね?

知人、友人、家族に聞くって。

要は他者に自分がどう思われているか。

それを聞くことで、

自分では気づかなかった強みに気づくことができる。

ということ言ってませんでしたか?

つまり、これとまったく同じことをやってほしいんです。

しかも定期的に。

アンケートを取るでもいいです。

ただ取り方によっては、表面的なことしか聞けないので、できればちゃんと時間を取って、直接ヒアリングしてほしいんです。

めんどくさいです。

でもそれをやることで、

それによって、新たな自分、さらに自社の発見につながることになります。

僕も自己分析をある講座に参加することで、

定期的に行っています。

また自社分析についても、

定期的にお客さんとコミュニケーションをとることがとても重要です。

ぜひやってみてください。

今日もありがとうございました。


この記事が面白い!勉強になったと思ったらSNSでシェアお願いします!