メニコンのビジネスモデル

The following two tabs change content below.

栃本 常善

株式会社マーケティング・エッセンシャルズ代表取締役/一般社団法人Webコピーライティング協会代表理事/高単価ビジネス構築の専門家/マーケター/ 24歳月収12万⇒28歳起業し現在2社経営/Webマーケティング会社/高単価ビジネス実践会主催//初著書「個人がゼロから高単価ビジネスを作る方法」(仮)絶賛執筆中。

こんにちは。

 

『成果』と『売上アップ』にこだわる集客代理人、

 

栃本 集客代行オフィスの栃本です。

 

 

本日は、栄のカフェドクリエよりメルマガを書いています。

 

これからランチ会兼セミナーとちょっと変わった形式の会に参加してきます。

 

また新たな出会いがありそうで、

 

楽しみです!

 

 

さて、今日は、「メニコンのビジネスモデル」

 

について。

 

 

私ごとですが、

 

コンタクトレンズは

 

メニコンを使っています。

 

 

このビジネスモデルがうまいなー

 

と思ったので、

 

すこしシェアしたいと思います。

 

 

 

このメニコンですが、

 

コンタクトレンズで継続課金を導入している会社です。

 

 

 

どういう仕組みかというと、

 

1年契約で月額がコンタクトの種類によって、

 

大体3,000円~4,000円くらい。

 

 

 

それで、

 

コンタクトは3ヶ月に1回来店し、

 

3ヶ月分を受け取りにいく。

 

 

 

そこで、併設の眼科にて検査を受け、

 

コンタクトレンズを受け取る。

 

 

また半年に1回、コンタクトケア用品が

 

勝手に自宅に届くようになっている。

 

 

それで、毎月自動引き落としで

 

課金が続くという仕組み。

 

 

要は、基本的にはこちらから

 

解約する旨を伝えない限り、

 

半永久的に課金が続くという

 

仕組みなんですね。

 

 

また紹介を生む仕組みもあります。

 

 

加入者には必ず友人紹介カード

 

みたいなものを渡し、

 

紹介した友人が加入したら、

 

紹介元にキャッシュバックが、

 

金額は忘れましたが、

 

数千円支払われるようになっているのです。

 

 

受け取りにいくのは面倒くさいですが、

 

ケア用品が届くのは楽です。

 

 

ただケア用品はめっちゃ

 

溜まってしまいますが、、

 

 

 

継続課金のポイントは、

 

やはり生活する上で、

 

そんなに痛くない程度の

 

金額であることは、

 

継続率を上げる上で

 

かなりのポイントになってきます。

 

 

またコンタクトの「使い捨て」という特性を

 

うまく利用していますね。

 

 

要は、消耗品でもあるわけです。

 

 

店舗型でも物販をされている方も

 

非常に参考になるのではないでしょうか。

 

 

定期お届け型、また来店して

 

お渡しする形でもよいですし、

 

どちらでもそれぞれのメリットがあります。

 

 

 

歯科医院、美容院、エステサロン、

 

治療院などでも、

 

施術のよい状態を維持するための

 

セルフケア用品、器具、健康食品、

 

化粧品などの商品があると思います。

 

 

こういったものをうまく活用して、

 

お客さんにとって価値のある

 

便利なサービス、

 

制度を考えてみてください。

 

 

今日も最後まで読んで頂きまして、

 

ありがとうございました。


この記事が面白い!勉強になったと思ったらSNSでシェアお願いします!