顧客と長期的な関係を築くには?

The following two tabs change content below.

栃本 常善

株式会社マーケティング・エッセンシャルズ 代表取締役  マーケティングコンサルタント/Initiative Entrepreneurアカデミー(起業家のビジネススクール)主宰 1985年生まれ、奈良県出身 大学卒業後、人材派遣・紹介会社で営業、その後ベンチャー系のWEB制作会社に転職し、営業兼WEBコンサルタントを経験。トップセールスとなる。しかし、WEBだけではクライアントに貢献できないと痛感し、28歳でマーケティングコンサルタントとして独立。 現在では、経営者としてウェブ制作・プロモーション支援をする会社を経営しながら、個人起業家のためのビジネススクール「IEA」を主宰し、ウェブ集客とマーケティング、セールスを教えている。

あなたは一度顧客となってくれた人と長期的な関係を継続していきたいと思いますか?

それともそんな長期的な関係なんて継続させなくても

ビジネスは成り立っているから別にいいよ、と思いますか?

 

おそらくほとんどの経営者の方なら、前者を選ばれると思います。

 

でも、実際にどうですか?

こちら側が長期的な関係を継続していきたいと思っても、必ずしも相手がそう思ってくれるかどうかはわかりませんよね。

これがビジネスの難しいところです。

ですが、この長期的な関係を築けない決定的な理由が、僕はあると思います。

もちろん、商品やサービスに満足していないから、

というのは論外です。

これは、商品やサービスのクオリティをまず上げてください。

 

でも、商品やサービスのクオリティも高く、お客さんも満足してくれていたり、結果も出ているのに、

 

なぜかお客さんが買ってくれなくなる、来店してくれなくなる、

 

ということで悩まれている経営者の方は、結構多いんではないかなと思います。

 

それでは、なぜそんなことが起きるか?というと、

 

それは、「お客さんとの関係作り」に問題があると思います。

 

要は、個人や人として関係ができていないのです。

 

信頼関係と言ってもいいかもしれません。

あるいは、人として好きになってもらえていないのかもしれません。

 

 僕の個人的な考えとしては、最終的に人が商品を買い続ける、

そのお店に通い続ける最大の要因は、「誰が売っているか?」なのです。

そして、あなただから買いたい!

あなたがいるから通い続けたい!

といかに思わせられるか、が長期的に顧客でい続けてもらえるか

の重要なポイントになってくるのです。

 

あなたはいつまで、「商品」や「サービス」を顧客に売り続けるつもりですか?

お客さんは、もはやその商品に魅力を感じていないかもしれませんよ。

だってその商品、他の会社やお店でも扱っていますよね?

というか、あなたは他社と違うと思っていても、他社との違いをお客さんは

気付いていないかもしれません。

今よりもっと良い商品が出たら、お客さんはそっちに行ってしまいますよ。

でも、そこに個人的で強い結びつきが

お客さんと作れていれば、簡単にお客さんは離れません。

というか心理的にも離れられません。

だって、情がありますから。

あなたもこんな経験はありませんか?

論理的には、絶対今の女(男)と別れた方がいいとわかっているのに、

なぜか情が湧いてしまって別れられない、、、

 

つまり、

人は論理だけでは、心は動かないし、行動もできないのです。

 

感情的な結びつきが強ければ強いほど、お客さんはあなたから離れられないのです。

 

こういった個人的な結びつきをいかにお客さんと作ることができるか?

 

ぜひ考えてみてください。

本日も最後まで読んでいただきましてありがとうございました。


[無料]高額商品が売れる仕組み作り9ステップWebセミナー

この記事が面白い!勉強になったと思ったらSNSでシェアお願いします!