「洗脳」

The following two tabs change content below.

栃本 常善

株式会社マーケティング・エッセンシャルズ 代表取締役  マーケティングコンサルタント/Initiative Entrepreneurアカデミー(起業家のビジネススクール)主宰 1985年生まれ、奈良県出身 大学卒業後、人材派遣・紹介会社で営業、その後ベンチャー系のWEB制作会社に転職し、営業兼WEBコンサルタントを経験。トップセールスとなる。しかし、WEBだけではクライアントに貢献できないと痛感し、28歳でマーケティングコンサルタントとして独立。 現在では、経営者としてウェブ制作・プロモーション支援をする会社を経営しながら、個人起業家のためのビジネススクール「IEA」を主宰し、ウェブ集客とマーケティング、セールスを教えている。

こんにちは。商品と情熱に自信がある経営者のビジョンを実現するマーケティングコンサルタント、株式会社マーケティング・エッセンシャルズの栃本常善です。

洗脳ってどんなイメージですか?

さて、洗脳、洗脳ってよくみなさんいいますが、洗脳とは、一般的には、宗教とかの洗脳のことを言っているのかな?
と思いますが、あなたはどんなイメージでしょう?
僕はぶっちゃけこの世の中は、あっちこっち洗脳だらけだと思っています(笑)
例えば、マーケティングにおいて重要である「顧客教育」も言い方を変えれば、「洗脳」なのです。
教育と洗脳ってそんなに違いがないというかほぼ同義語では?と思っています。
まあポジティブに言えば、教育だし、ネガティブで言えば、洗脳なのかな?という感じです。
で、世の中の中小ビジネスにおいて、この「顧客教育」というフェーズが抜け落ちている中小企業が非常にに多いです。顧客教育がしっかりできていると説明もしなくていいし、値下げ交渉もされませんし、売り込むことなんてまず必要ありません。

そして、もう一つ。顧客教育はある程度システム化できるということなのです。

マーケティングは顧客教育

だから、優秀な営業マンに頼らなくても、ある程度安定した成果を継続してあげられるのです。
それが、システムである仕組み化であり、まさにマーケティングなのです。
だから、言い換えれば、マーケティングとは顧客教育なのです。
洗脳と言ってしまうと、「いや、俺は洗脳なんてしたくない」という人が出てくると思いますが、ほぼ違いはありません。
顧客教育とは、もう少し噛み砕いて言うと、「こちらが大事にしている考え方や価値観、商品購入の際の判断基準などを様々なメディア接触を通じて、伝えておくこと」だと僕は定義しています。
逆に言えば、この顧客教育をしていないから、相見積もりを取られるし、価格が安いところに頼もうとするし、こちらが一生懸命セールスをしなければいけません。
じゃああなたのビジネスでは、事前にどんな顧客教育をしておく必要があるでしょうか?
ちょっと考えてみてください。
本日も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

◼︎LINE@始めました♫

期間限定友達追加の特典として以下の3つからお好きな動画をプレゼントしています!

①無形商品・サービスを提供している専門家のためのノウハウの出し方
②facebookでお金をかけずに効率的に見込み客を集める方法
③スムーズに売れる高単価商品を作る3つの秘訣
↓↓↓
https://line.me/R/ti/p/%40pxh5737t

◆登録方法◆
1.上記URLをクリックするか、LINEアプリを開く
2.友だち追加画面を開く
3.「@tochi-t」を検索▶︎追加
===============


この記事が面白い!勉強になったと思ったらSNSでシェアお願いします!