高単価ビジネスは誰でも構築できる!

The following two tabs change content below.

栃本 常善

株式会社マーケティング・エッセンシャルズ代表取締役/一般社団法人Webコピーライティング協会代表理事/高単価ビジネス構築の専門家/マーケター/ 24歳月収12万⇒28歳起業し現在2社経営/Webマーケティング会社/高単価ビジネス実践会主催//初著書「個人がゼロから高単価ビジネスを作る方法」(仮)絶賛執筆中。

こんにちは。とちもとつねよしです。

最近は何かしら、インプットを常にするようにしています。

この1ヶ月で見たり、読んだりした作品は以下の通り。

・梨泰院クラス
・ダイの大冒険(全巻)
・ジブリアニメで哲学する
・もののけ姫
・風の帰る場所

ジブリはもちろんのことですが、

特に大きな影響を受けたのが、「梨泰院クラス」。

 

この作品からの学びは、

・仲間の力を借りることでより高いゴールに到達できるということ

・お金を稼いで成功を手に入れても、本当に満たされることはない

・人のパワーの源は、「お金以外の何か」である

の3つでした。

 

1回あたり70分以上あって、それが16エピソードで、最初と最後は2時間弱w

 

韓流ドラマって長くないですか?汗

 

しかし、見る価値のある本当に学びの多いドラマでした。

起業家、経営者の方には是非とも見て欲しい作品ですので、

盆休みのステイホームでNetflixをぜひお楽しみください^ ^

 

「高単価化は誰でもできる!」

というテーマでお届けします。

 

「高単価化するなんて、自分にできるわけがない」

「今より単価を高くするのに罪悪感や心理的な抵抗がある」

「高単価化する程のスキルや才能が自分にはない」

なんて思っていませんか?

 

断言します。高単価化は誰でも可能です。

そして、スキルや才能も特別なものは必要はありません。

基本的には、あなたが今まで培ってきたもので充分です。

 

そして、次に矢印の方向を自分から相手(顧客)に向けることです。

 

高単価で提供することに

罪悪感や抵抗がある方というのは

大抵自分のことしか考えていません。

 

たまにいらっしゃるのですが、

「お客さんのために低価格で提供する」という方がいます。

 

これは基本的には、お客さんのためにと言いながら、本当にお客さんのためにはなっていません。嫌われることを恐れているだけです。つまり、結局は自分の保身だということです。この関係性は、深い関係になれない(本当の意味でラポールが築けない)ので、高単価の商品・サービスも購入いただくことは難しいです。

高単価で提供するということは、

嫌われることも覚悟で、本当に相手のためになることを提供することなのです。

 

高単価化する方法をテクニカルに捉えている人は、

本質が見えていないだけ。

 

つまり、高単価化は、

相手の人生を背負う気持ちで、

商品・サービスを提供することができれば、

誰でも実現可能ということです。

 

単価の本質は、相手の成果に対する責任や覚悟の表れですから。

 

ちなみに先ほど、特別な能力や才能はいらないという話をしました。

誤解のないように言っておきますが、最低限のスキルや能力は何かしらは必要ですよ。まあ何も持っていない人はそもそも起業すらできないと思いますが。

 

高単価化するロジックは、まったく難しくありません。

難しくしているのは常に「売り手の思考」です。

 

そもそも、起業するきっかけが会社組織からの現実逃避や責任逃れで起業したり、フリーランスになっている人は、そもそも高単価ビジネスには残念ながら向かないかもしれません。

 

ということで、

個人がゼロからどうやって高単価ビジネスを作るのか?

高単価ビジネスの具体的な作り方や可能性、

月100万、年商1000万、そして、次のステージに行くためには

どんなステップを踏んで行けば良いのか?

を体験セミナーで詳しくお伝えしています。

⇒高単価ビジネス構築プログラム体験セミナー&説明会


この記事が面白い!勉強になったと思ったらSNSでシェアお願いします!