起業家がメルマガをやるべき理由⑥ メルマガはブランディングになる

The following two tabs change content below.

栃本 常善

株式会社マーケティング・エッセンシャルズ 代表取締役  マーケティングコンサルタント/Initiative Entrepreneurアカデミー(起業家のビジネススクール)主宰 1985年生まれ、奈良県出身 大学卒業後、人材派遣・紹介会社で営業、その後ベンチャー系のWEB制作会社に転職し、営業兼WEBコンサルタントを経験。トップセールスとなる。しかし、WEBだけではクライアントに貢献できないと痛感し、28歳でマーケティングコンサルタントとして独立。 現在では、経営者としてウェブ制作・プロモーション支援をする会社を経営しながら、個人起業家のためのビジネススクール「IEA」を主宰し、ウェブ集客とマーケティング、セールスを教えている。

こんにちは。

名古屋マーケティング実践会主宰、ダイレクトレスポンスマーケティングを世の中の中小企業経営者、事業主に伝えるマーケティングパートナー、栃本常善です。

 

さて、本日は起業家がメルマガをやるべき理由⑥「ブランディングになる」

ということについてお伝えしていきますね!

 

メルマガをやれば、ブランディングできるということです。

USPっていうのは、マーケティングを勉強されている方だったらすでに知っていると思うんですけど、

独自の売りですね。

でもUSPには少し落とし穴があって、実は最終的には、結構きつくなってくるんですよ。

なぜか?というと、真似されるんです。

USPって真似されるんですよ。だからその度に変え続けないといけないんですよね。

でも、メルマガによるブランディングによって培われたものっていうのは、そんな簡単に覆らないんですね。

この人から買いたいとか、この人だからっていうところは最強のUSPになるかなと思っています。

USPはたしかに効果としてもすごく上がるんですけども、

ただ、真似されるので、変え続けなきゃいけないっていうところがデメリットだと思います。

そういう意味では、このメルマガとの読者との関係性っていう部分は変えなければいけないとか全然ないので、

ブランディングができて、その人との関係性で、あなたから買いたいっていう人達が増えていけば

非常にビジネスとしては安定感につながっていって、最終的には売りやすくなっていくかなと思います。

だから、メルマガを続けていけば、ブランディングになり、

USPとか差別化とか、そういう次元じゃなくなってくるってことなんです。

 

 

ちなみに、メルマガを使ってビジネスの仕組みを作り、

集客からクライアント獲得の流れを作りたいという方は、以下のセミナーにぜひお越しくださいね。

▶︎▶︎▶︎メルマガ集客&顧客獲得セミナー


この記事が面白い!勉強になったと思ったらSNSでシェアお願いします!