「広告」で出来ることには限界がある

The following two tabs change content below.

栃本 常善

株式会社マーケティング・エッセンシャルズ 代表取締役  マーケティングコンサルタント/Initiative Entrepreneurアカデミー(起業家のビジネススクール)主宰 1985年生まれ、奈良県出身 大学卒業後、人材派遣・紹介会社で営業、その後ベンチャー系のWEB制作会社に転職し、営業兼WEBコンサルタントを経験。トップセールスとなる。しかし、WEBだけではクライアントに貢献できないと痛感し、28歳でマーケティングコンサルタントとして独立。 現在では、経営者としてウェブ制作・プロモーション支援をする会社を経営しながら、個人起業家のためのビジネススクール「IEA」を主宰し、ウェブ集客とマーケティング、セールスを教えている。

名古屋で唯一の店舗ビジネス専門の

DRM集客コンサルタント、栃本常善です。

さて、本日のテーマに行きます。

 

 

 

広告は、

 

しっかりと活用することができれば、

 

集客し、そこから多大な売上を

 

上げることができる可能性を秘めています。

 

 

ですが一方で、

 

広告で出来ることには限界があります。

 

 

 

というのも、

 

そもそも商品にスペックがない、

 

魅力がない、

 

顧客にとって価値がない

 

商品であれば、

 

 

そもそも広告では

 

それなりの効果しか

 

上げることはできません。

 

 

むしろ広告によって、

 

会社、商品の評判が下がり、

 

長期的には、

 

マイナスにもなりえます。

 

 

 

ということは、

 

大前提として、

 

商品の質を高めること、

 

そしてそれに加えて、

 

商品の見せ方、

 

オファー、ベネフィットを

 

明確にすることがとても重要になります。

 

 

 

オファーとは、

 

顧客に対して伝える提案内容です。

 

 

ベネフィットとは、

 

顧客にとっての価値、メリットです。

 

 

広告は、

 

あくまでそれらを伝える

 

媒体、メディアにしか過ぎません。

 

 

 

つまり、

 

それらを明確にしなければ、

 

ただ伝えているだけになりかねません。

 

 

中小企業には、

 

そんなことをしている余裕はありません。

 

 

広告によって、

 

どれくらい見返り、

 

レスポンスがあったのかを

 

明確にしなければなりません。

 

(どこかの携帯電話会社

 

みたいなテレビCMを

 

呑気にやってる余裕は

 

ありませんよね。)

 

 

 

広告によって出来ることには限界があります。

 

 

ですから、

 

広告を出す前に必ず考えて欲しいことがあります。

 

 

それは、

 

ターゲットと

 

オファー、ベネフィットです。

 

 

あなたの商品は誰のためのものか?

 

誰に売りたいのか?

 

をまず決めてください。

 

 

そして、

 

その人が魅力を感じる

 

オファーとベネフィットを作るのです。

 

 

もしこれらが作れないのなら、

 

その商品は世に出すべきではないです。

 

 

 

そして、

 

私のようなコピーライターは、

 

必ずこれらをリサーチの段階で

 

意識していき、作っていきます。

 

 

 

広告代理店やデザイナーには、

 

こんなことは考えもしません。

 

 

どんなデザインで、

 

いかに綺麗に作るか?

 

いくら広告にお金を払ってくれるか?

 

 

という話題に集中します。

 

 

はっきり言って、

 

そんなのは、

 

大した広告の効果に

 

影響を与えません。

 

 

 

今日お伝えしたいのは、

 

広告で出来ることには限界があり、

 

 

その前に、

 

商品の質を高めて、

 

魅力ある商品にすること、

 

 

そして、

 

その商品のオファーとベネフィットを

 

しっかりと明確にすること。

 

 

 

お客は商品を買っているわけでなく、

 

オファーやベネフィットを

 

買っています。

 

 

 

このことをぜひ覚えておいてください。

 

 

 

本日も最後まで読んでいただきまして、

 

ありがとうございました。

 


この記事が面白い!勉強になったと思ったらSNSでシェアお願いします!