リスクを最小にして広告で成果をあげる方法

The following two tabs change content below.

栃本 常善

株式会社マーケティング・エッセンシャルズ代表取締役/一般社団法人Webコピーライティング協会代表理事/高単価ビジネス構築の専門家/マーケター/ 24歳月収12万⇒28歳起業し現在2社経営/Webマーケティング会社/高単価ビジネス実践会主催//初著書「個人がゼロから高単価ビジネスを作る方法」(仮)絶賛執筆中。

「広告にお金を使う」

 

 

これはとても大事な考え方です。

 

 

それは当然、かけられるならたくさん

 

かけられた方がいいのは間違いないのですが、

 

 

その使い方が実はとても大事なのです。

 

 

 

でも極力リスクがなく、

 

広告に投資をしてもらいたいと思っています。

 

 

そういう点でいうと、

 

インターネットやホームページというのは

 

みなさんが思っているのは、

 

 

「集客ならネットだよね、やっぱり」

 

 

という話になります。

 

 

ですが、はっきり言います。

 

 

 

そんな簡単にいきません。

 

 

 

みんなやってますから。

 

 

それで、

 

ネット集客でうまくいっているところは、

 

 

かなり先行的に取り組んでいた会社か、

 

もしくはしっかりとノウハウを学び、

 

テストを繰り返しながら

 

今の状態になっているのです。

 

 

 

つまり、

 

今まで何もやっていなかった会社が、

 

いきなり参入して、

 

そこそこのものを作ったところで、

 

すぐに成果が出るものではない

 

 

ということです。

 

 

 

だから僕がまず言いたいのは、

 

リスクが少なく、

 

小回りが利く方法を試してみては?

 

 

と思うのです。

 

 

 

ですが、ほとんどの方は

 

そういったプロセスを踏みません。

 

 

 

そして、いきなりネット市場で参入し、

 

100万とか200万使うのです。

 

 

それで、まったく成果が出なかったら

 

どうですか?

 

 

シャレになりませんよね。

 

 

「まあそんなお金くらい、

 

大したことないよ。」

 

 

と言えるくらいなら、

 

全然問題ないですが、、、

 

 

 

まあそんな人は

 

そんなにいないと思います。

 

 

 

なので、まずは小さく早く取り組めること、

 

例えば、ポスティングや折込チラシ、

 

ダイレクトメールから始めましょう。

 

 

ということです。

 

 

 

ポスティングや折込を入れて、

 

反応がないものは、

 

ホームページとかインターネットで広告しても、

 

反応ありません。

 

 

媒体が変わっただけで、

 

基本一緒です。

 

 

 

人が行動したくなるか、

 

買いたくなるかどうか、です。

 

 

 

最小単位で成果が出ないものは、

 

最大単位にしても成果は出ません。

 

 

 

これは、僕自身もとても大事にしていることです。

 

 

 

東海地域でやって成果が出ないものは、

 

全国に広げても成果は出ないと思っています。

 

 

まずここ東海地域でしっかりと

 

足場を固めて、実績を作った上で、

 

 

他の地域に行きたいと思っています。

 

 

 

ですから、

 

このメルマガを読んで頂いているあなたも、

 

もしこれから広告に取り組んでいかれるのなら、

 

 

まずは最小単位で試してみてください。

 

 

そして、そこから成果が出るものをテストして、

 

反応が取れるようになってから、

 

大きな市場に出してみてもいいと思いますよ。

 

 

 

多少リスクを冒す場面も

 

もちろん必要ですが、

 

 

何も広告をしたことがない、

 

知識がない人がいきなり

 

ネットで広告をしていくのは、

 

 

少し無謀だと思います。

 

 

 

素晴らしい業者が見つかればいいですが、

 

その可能性は極めて低いですからね。

 


この記事が面白い!勉強になったと思ったらSNSでシェアお願いします!