経営者は来月の売上を考えるな!

The following two tabs change content below.

栃本 常善

株式会社マーケティング・エッセンシャルズ 代表取締役  マーケティングコンサルタント/Initiative Entrepreneurアカデミー(起業家のビジネススクール)主宰 1985年生まれ、奈良県出身 大学卒業後、人材派遣・紹介会社で営業、その後ベンチャー系のWEB制作会社に転職し、営業兼WEBコンサルタントを経験。トップセールスとなる。しかし、WEBだけではクライアントに貢献できないと痛感し、28歳でマーケティングコンサルタントとして独立。 現在では、経営者としてウェブ制作・プロモーション支援をする会社を経営しながら、個人起業家のためのビジネススクール「IEA」を主宰し、ウェブ集客とマーケティング、セールスを教えている。

いろいろな経営者と

 

お会いする機会があるんですが、

 

 

長期的視点を持って、

 

行動できる社長って本当に少ないです。

 

 

極端に言ってしまえば、

 

目先の売上しか見ていない。

 

 

 

まさに、

 

僕の前職の会社時代

 

みたいな感じですね。

 

 

 

目先のノルマに追われる、

 

という(笑)

 

 

 

 

でも、社長であるあなたは、

 

絶対やってはいけません。

 

 

 

ダンケネディは、

 

経営者と起業家は全く違う、

 

というふうに言っています。

 

 

 

一般的な中小企業の経営者は、

 

建物や不動産、設備、収入といったことが、

 

ビジネスにおける資産であり、

 

それらに価値を感じている。

 

 

 

でも、真の起業家は、

 

もっとも価値がある資産は、

 

顧客であると、考えている。

 

 

 

要は、

 

顧客との関係性をいかに維持し、

 

強い関係にしていくか。

 

 

ここにどれだけのお金と時間を

 

投資できるか。

 

 

 

あなたが成功する起業家になりたいのなら、

 

まずここに目を向けるべきなのです。

 

 

 

顧客=資産

 

 

 

資産に、

 

手を加え、成長させていくのです。

 

 

 

そうすることで、

 

またその資産が、

 

配当(収入)を

 

生み出してくれるようになるのです。

 

 

 

だから、

 

まずニュースレターなのです。

 

 

 

顧客に投資する

 

だったら、まずニュースレター。

 

 

 

あれこれ考えず

 

まずニュースレターです。

 

 

 

そして、もう一つ。

 

 

ニュースレターはじめて、

 

2,3か月で、

 

 

「やってみたけど、

 

売上が上がらないんですけど、、、」

 

 

という相談があります。

 

 

 

いや、上がりません。

 

 

 

というかそもそも

 

ニュースレター自体が

 

そういう性質のものでもないし、

 

 

売上を上げる目的で

 

するものではありません。

 

 

 

じゃあ何のためにやるか?

 

 

 

それは、

 

 

顧客と関係をより深めるために

 

やるのです。

 

 

 

その結果として、

 

売上も上がるのです。

 

 

 

そこは間違ってはいけません。

 

 

 

そして、もう一つ。

 

 

ニュースレターで大事なのが、

 

 

「自分を売ること」です。

 

 

 

商品を売ってはいけません。

 

 

自分というキャラクター、個性を売ってください。

 

 

 

究極は、

 

それがお客さんにとっての

 

あなたのお店、会社、あなたの商品を

 

選び続ける理由になるのです。

 

 

 

 

先日は僕が主宰している

 

名古屋マーケティング実践会の勉強会でした。

 

 

ちょうどニュースレターについてのテーマでした。

 

 

参加いただいた方には、

 

事例を含めて、とても濃い内容を

 

お伝えさせていただきました。

 

 

ご参加いただいた方、

 

ありがとうございました。

 


この記事が面白い!勉強になったと思ったらSNSでシェアお願いします!