最も重要な顧客リサーチ

The following two tabs change content below.

栃本 常善

株式会社マーケティング・エッセンシャルズ 代表取締役  マーケティングコンサルタント/Initiative Entrepreneurアカデミー(起業家のビジネススクール)主宰 1985年生まれ、奈良県出身 大学卒業後、人材派遣・紹介会社で営業、その後ベンチャー系のWEB制作会社に転職し、営業兼WEBコンサルタントを経験。トップセールスとなる。しかし、WEBだけではクライアントに貢献できないと痛感し、28歳でマーケティングコンサルタントとして独立。 現在では、経営者としてウェブ制作・プロモーション支援をする会社を経営しながら、個人起業家のためのビジネススクール「IEA」を主宰し、ウェブ集客とマーケティング、セールスを教えている。

今日は昨日の続きで、

 

最も重要なである

 

市場分析、顧客リサーチです。

 

 

 

マーケティングを実践していく上で、

 

顧客の悩み、ニーズを知っていくことが

 

とても重要になってきます。

 

 

 

大事だとはわかっていても、

 

業界に関わっていることが長ければ長いほど、

 

「思い込み」が邪魔をして、

 

 

顧客のことを勘違い

 

してしまっている人が多いように思います。

 

 

 

「顧客に聞く」のが

 

最も手っ取り早いです。

 

 

 

ですが、

 

その前にそもそも「あなたの顧客は誰か?」

 

を明確にする必要があります。

 

 

そして、

 

その顧客がどのようなライフスタイルを送っているか?

 

社会的立場は?

 

何に普段イライラして、どんな感情がその人を占めているか?

 

今後どうなりたいのか?

 

 

というように、

 

深く深く理解するようにしてください。

 

 

顧客は誰か?

 

を明確にするのも大事ですが、

 

 

それよりも、

 

顧客のことを「深く理解する」

 

ことの方がずっと重要だと僕は思っています。

 

 

その顧客が読みそうな雑誌を

 

読んでみるのもいいかもしれません。

 

 

その顧客はきっとその雑誌の情報から

 

かなり影響を受けているはずです。

 

 

だったらそこに書かれている

 

ワードを参考にしましょう。

 

 

それだけでも、

 

興味を持たせることができます。

 

 

 

また、ネット状でリサーチすることもできます。

 

 

僕のオススメの方法は、

 

OKWAVE、

 

アマゾンの口コミ

 

Yahoo知恵袋、

 

教えて!goo

 

 

などがオススメです。

 

 

お悩みサイトは、

 

見込み客の悩みを理解するヒントがたくさんあります。

 

 

アマゾンの口コミは、

 

あなたの業界に関する書籍の口コミを読んでみてください。

 

 

いろいろとヒントが見つかります。

 

 

 

 

あとはとにかく顧客に聞いてみてください。

 

 

顧客じゃなくても、

 

あなたの顧客に近い、

 

例えば家族や知人でもいいと思います。

 

 

実際に、

 

○○の商品を買う時、

 

どうやって探す?

 

 

と言った具合にです。

 

 

人それぞれ行動パターンが

 

違うことに気づくと思います。

 

 

 

これらをすることで、

 

いかに自分が思い込みで

 

ビジネスをしていたかがわかると思います。

 

 

 

思い込みはできれば

 

捨てた方がいいですよ。

 

 

 

リサーチについては、

 

その思い込みがあることが邪魔をします。

 

 

 

リサーチこそ、

 

あなたの広告やプロモーションの成否を決める、

 

最も大きな要因とも言っても過言ではないくらいです。

 

 

 

コピーライティングの世界でも、

 

このリサーチを怠ると

 

良いコピーは書けませんし、

 

成果をあげることはできません。

 

 

 

それくらい重要なのです。

 

 

 

でも、ほとんどの制作会社や広告代理店はやっていませんし、

 

経営者もやっていません。

 

 

なぜなら、めんどくさいし、

 

やり方がわからないからです。

 

 

 

でも、そんな方でも、

 

今日の手順でやればいいだけですからね。

 

 

 

ぜひ実践してみてくださいね。

 

 

 


この記事が面白い!勉強になったと思ったらSNSでシェアお願いします!