自社リサーチで絶対抑えるべきこと

The following two tabs change content below.

栃本 常善

株式会社マーケティング・エッセンシャルズ 代表取締役  マーケティングコンサルタント/Initiative Entrepreneurアカデミー(起業家のビジネススクール)主宰 1985年生まれ、奈良県出身 大学卒業後、人材派遣・紹介会社で営業、その後ベンチャー系のWEB制作会社に転職し、営業兼WEBコンサルタントを経験。トップセールスとなる。しかし、WEBだけではクライアントに貢献できないと痛感し、28歳でマーケティングコンサルタントとして独立。 現在では、経営者としてウェブ制作・プロモーション支援をする会社を経営しながら、個人起業家のためのビジネススクール「IEA」を主宰し、ウェブ集客とマーケティング、セールスを教えている。

本日は、

 

3C分析の中の最後、

 

自社リサーチです。

 

 

 

自社リサーチについては、

 

みなさんも必ず行うとは思いますが、

 

 

よくやってしまいがちなのは、

 

商品の特徴ばかりを洗い出してしまうこと。

 

 

特徴だけだと、

 

製品や自社目線のものばかりになってしまうので、

 

 

なかなか相手には伝わりません。

 

 

そうならないためにも、

 

特徴からベネフィットへの変化が必要になります。

 

 

 

結局は、

 

その特徴がターゲットである見込み客にとって、

 

 

どういうメリットがあるか?

 

どんな変化を与えられるか?

 

どんな効果があるか?

 

 

 

などといった具合に、

 

相手の立場に置き換えてあげることが

 

必要になってきます。

 

 

 

これいろいろなホームページ、

 

チラシなどを見ていると、

 

ものの見事にどの会社も

 

自分たちのことしか

 

話していないのが多すぎます。

 

 

 

それでは、

 

見込み客に振り向いて

 

もらうことはなかなかできません。

 

 

 

前回のメルマガでも書いた、

 

競合リサーチと合わせて行うことで、

 

より効果的な自社リサーチができます。

 

 

 

要は、その方が

 

競合と比べて

 

何が自社の強みになるか?

 

訴求ポイントになるか?

 

 

を考えられるからです。

 

 

せっかく頑張って、

 

自社の特徴、強みを洗い出して

 

訴求ポイントを見つけても、

 

 

それが結局競合が打ち出している

 

訴求ポイントと同じようなものになっていたら、

 

成果は半減します。

 

 

 

今の世の中、

 

ほとんどの業界が成熟しているので、

 

比較市場になっています。

 

 

 

ですから、

 

「見込み客は常に比較している」

 

ということを前提に

 

考えていかないといけないのです。

 

 

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

特に自分たちで販促物を作ったり、

 

コピーを書いたりする方は、

 

このあたりのポイントを抑えておくと、

 

まず間違いないと思います。

 


[無料]高額商品が売れる仕組み作り9ステップWebセミナー

この記事が面白い!勉強になったと思ったらSNSでシェアお願いします!