顧客との関係を築く秘訣 vol.1

The following two tabs change content below.

栃本 常善

株式会社マーケティング・エッセンシャルズ代表取締役/一般社団法人Webコピーライティング協会代表理事/高単価ビジネス構築の専門家/マーケター/ 24歳月収12万⇒28歳起業し現在2社経営/Webマーケティング会社/高単価ビジネス実践会主催//初著書「個人がゼロから高単価ビジネスを作る方法」(仮)絶賛執筆中。

こんにちは。

栃本 集客代行オフィスの栃本です。

今回は、「顧客との関係を築く秘訣」を3つお話ししていきます。

 

本日はまず1つ目。

「人は何かを手に入れる時、以前と同じ状況・状態を求める」

ということについてです。

 

これはほとんどの場合に当てはめることができます。

なぜなら、これは人間の習性みたいなものだからです。

どういうことかというと、

初めてマクドナルドでハンバーガーを食べて「美味しい」と感じた人は、

その次にまた食べに行く時も、まったく同じ見た目、味、感触を求めるのです。

ファストフード業界は、この顧客心理をとても有効活用しています。

つまり、毎回同じ味に出会えるからこそ、

顧客はリピートするということなんです。

 

最近では、

「顧客体験」や「ユーザーエクスペリエンス」とも言ったりしますが、

最初のあなたとの接触によって顧客が得た体験が、

その顧客にとっての、あなたに対する基準となるわけです。

その基準は、無理にあげても、後々がしんどいですし、

低すぎれば、リピートしない。

ということが起こります。

そういう意味でも

商品やサービスの標準化というのが重要になるわけです。

一人ビジネスであれば自分がしっかりすればいいだけですが、

それなりの人数規模のビジネスになってこれば、

この「顧客体験の標準化」

ビジネスの安定に欠かせません。

このポイントは、

どんな商品やサービスにも当てはまります。

 

例えば、

アパレルショップで服を買うときや

薬局で薬やトイレットペーバーを買うとき、

行きつけの居酒屋、キャバクラに行くときなども、

この「以前と同じ状況を求める」という

法則から免れることはできないのです。

 

つまり、

あなたが売る商品やサービスがどんなものであろうと、

契約更新のオファーを提示するときに、

最初の契約時と同じ、もしくはそのときよりも良い条件の提示をすること、

あるいは、年会費のかかるサービスを提供しているのであれば、

前回同様の年会費もしくは年会費を値下げ、

またはそれをしなくても、良い特典をつけるなどする必要があります。

もし年会費の値上げなんてしたときには、

あなたは顧客を失ってしまいかねません。

 

本日の内容を現在のビジネスに当てはめてみて、

この法則を無視していないかをもう一度考えてみてください。

本日は、「顧客との関係を築く秘訣 vol.1」

をお届けしました。

次は、vol.2をお届けします!

楽しみにしていてください。


この記事が面白い!勉強になったと思ったらSNSでシェアお願いします!