ビジネスにおける最悪の数字「1」

The following two tabs change content below.

栃本 常善

株式会社マーケティング・エッセンシャルズ 代表取締役  マーケティングコンサルタント/Initiative Entrepreneurアカデミー(起業家のビジネススクール)主宰 1985年生まれ、奈良県出身 大学卒業後、人材派遣・紹介会社で営業、その後ベンチャー系のWEB制作会社に転職し、営業兼WEBコンサルタントを経験。トップセールスとなる。しかし、WEBだけではクライアントに貢献できないと痛感し、28歳でマーケティングコンサルタントとして独立。 現在では、経営者としてウェブ制作・プロモーション支援をする会社を経営しながら、個人起業家のためのビジネススクール「IEA」を主宰し、ウェブ集客とマーケティング、セールスを教えている。

こんにちは。栃本 集客代行オフィスの栃本です。

 

 

 

本日は、

 

ビジネスにおける最悪の数字「1」について。

 

 

 

 

ビジネスで安定した仕組みを作っていくには、

 

多様であることが重要になります。

 

 

 

例えば、

 

一つの顧客、一つの仕入先、一つの卸先、

 

一つの取引先、一人の右腕スタッフ、一つのメディア、

 

一つの集客経路、一つの商品、一つの業者、一つの事業、

 

などなど。

 

 

 

もしあなたのビジネスにおいて、

 

これらのいずれかに該当するものがあるなら、

 

それはかなりの依存状態であると思ってください。

 

 

 

その一つが使えなくなったり、効果がなくなったり、

 

潰れてしまえば、「0」です。

 

 

 

一つがうまくいっている時ほど、

 

もう一つの保険となるものを作っておく、

 

準備しておくなどして、リスク管理を行いましょう。

 

 

 

少し前になりますが、アメリカでFAXDMがものすごい勢いで、

 

流行した時がありました。

 

 

集客効率がよく、それを使っていた業者は大きく成長を遂げました。

 

ですが、ユーザーからクレームが相次いだことによって、

 

FAXDMを送ることが違法になりました。

 

結果、倒産する会社が続出したそうです。

 

 

これは、一つのメディアに集客を依存した結果です。

 

 

ビジネスにおいて、「1」は依存状態を意味し、

 

最も危険な状態だということです。

 

 

あなたのビジネスにおいて、

 

この「1」になっているものはありませんか?

 

 

店舗ビジネスでもよく見受けられます。

 

 

ホットペッパーやスーモ、Goo-net、

 

食べログ・ぐるなび、などに依存している店舗は非常に多いです。

 

 

それだと、

 

広告代理店に依存してしまっている状態です。

 

それらを利用することは否定しませんが、

 

自社でしっかりとした集客の基盤をまず作ってください。

 

 

その上で、

 

戦略的にそういったポータルサイトを利用することは良いですが、

 

 

戦略がなく、ただそこに依存するしかない、

 

というような状態では、会社はそう長続きしません。

 

 

 

余裕があるうちから、先を見据えてリスク管理を行いましょう。

 

 

 

本日も最後までお読み頂きまして、

 

ありがとうございました。

 


この記事が面白い!勉強になったと思ったらSNSでシェアお願いします!