「お客は神様」という勘違い

The following two tabs change content below.

栃本 常善

株式会社マーケティング・エッセンシャルズ 代表取締役  マーケティングコンサルタント/Initiative Entrepreneurアカデミー(起業家のビジネススクール)主宰 1985年生まれ、奈良県出身 大学卒業後、人材派遣・紹介会社で営業、その後ベンチャー系のWEB制作会社に転職し、営業兼WEBコンサルタントを経験。トップセールスとなる。しかし、WEBだけではクライアントに貢献できないと痛感し、28歳でマーケティングコンサルタントとして独立。 現在では、経営者としてウェブ制作・プロモーション支援をする会社を経営しながら、個人起業家のためのビジネススクール「IEA」を主宰し、ウェブ集客とマーケティング、セールスを教えている。

こんにちは。

 

栃本 集客代行オフィスの栃本です。

 

 

 

あなたは、

 

お客さんは神様。

 

と思っていますか?

 

 

 

「お金を払う側は、お金をもらう側より偉い」

 

というマインドを持っている方がいます。

 

 

 

店員などにタメ口で話したり、

 

ひどい場合は、命令したり。

 

 

こういう人は、

 

「お金を払う側は、お金をもらう側より偉い」

 

というマインドです。

 

 

「俺は、お金を払っているんだから、なんとかしろ」

 

「俺はお客様だぞ」

 

「俺が稼いだ金だぞ!何に使おうが俺の勝手だろ!」

 

 

こんな人いますよね。

 

 

昔、三波春夫さんが、「お客様は神様です」って

 

言ってましたね。

 

これを変なふうに解釈してしまったのか、、、

 

 

ちなみにここでは触れませんが、

 

三波さんの場合は、違った意味で使っています。

 

 

 

どんな会社にも必ずこういったクレームをいう、

 

モンスターカスタマーが、多かれ少なかれいると思います。

 

例えば、

 

理不尽なクレームを言ってきたり、

 

サービス外のことを要求してきたり、、、

 

 

ですが、

 

こういったお客さんに振り回されるのは、

 

何もお客さんばかりの責任でなく、

 

こちら側にも責任もあるのです。

 

 

どうしてかっていうと、

 

お客さんのいうことは絶対!

 

といったスタンスでいくと、

 

当然お客さんはつけあがります。

 

 

そして、だんだんと要求がエスカレートしていくんです。

 

 

ですが、

 

ビジネスにおいて、お客さんは神様ではありません。

 

お客さんです。

 

そして、ビジネスというのは、

 

商品・サービスによる価値を提供することで、

 

その代価としてお金をもらっているからです。

 

 

対等です。

 

だって元々は物々交換だったわけですから。

 

 

それが、お金になっただけです。

 

 

これを理解してもらった上で、

 

明らかにお客さんの要求がむちゃくちゃだったり、

 

価格外のもの、理不尽だったら、

 

その時点で、対等ではなくなりますので、

 

はっきりと「NO」ときっぱり断ってください。

 

 

もしゴネてきたら、

 

お金を返して帰ってもらってください。

 

だって、一度やることは二度三度やりますから。

 

 

その一人の対応にかかる時間、回りのお客さんへの影響、

 

ストレス等を考えれば、

 

お金を返した方が間違いなくいいです。

 

 

 

そして、そんな時間があったら、

 

もっと優良顧客に時間やお金を使ってください。

 

 

その方があなたのビジネスにとってよっぽどプラスです。

 

 

相手にしたくない、ストレスのかかるお客さんは切ること。

 

 

あとはオススメなのは、

 

「こんなお客さんとは付き合わないリスト」を作るのも一つです。

 

 

線引きができます。

 

 

 

もしあなたが、

 

面倒くさいお客さんの対応、

 

むちゃくちゃな要求をしてくるお客さんに困っているなら、

 

今日の内容を参考にしてみてください。

 

 

今日も最後まで読んでいただきまして、

 

ありがとうございました。


この記事が面白い!勉強になったと思ったらSNSでシェアお願いします!