売上の公式【客数×購入頻度×取引単価】

The following two tabs change content below.

栃本 常善

株式会社マーケティング・エッセンシャルズ 代表取締役  マーケティングコンサルタント/Initiative Entrepreneurアカデミー(起業家のビジネススクール)主宰 1985年生まれ、奈良県出身 大学卒業後、人材派遣・紹介会社で営業、その後ベンチャー系のWEB制作会社に転職し、営業兼WEBコンサルタントを経験。トップセールスとなる。しかし、WEBだけではクライアントに貢献できないと痛感し、28歳でマーケティングコンサルタントとして独立。 現在では、経営者としてウェブ制作・プロモーション支援をする会社を経営しながら、個人起業家のためのビジネススクール「IEA」を主宰し、ウェブ集客とマーケティング、セールスを教えている。

タイトルの公式は、

 

これは、全米ナンバーワンのマーケティングコンサルタント、

 

ジェイ・エブラハムの有名な売上を上げる公式です。

 

 

あなたもどこかで

 

この公式のことは

 

聞いたことがあるのでは

 

ないかと思います。

 

 

 

ですが、知っているのと、

 

それを実際に理解して、

 

 

それぞれの要素を

 

最大化するために

 

具体的な施策を

 

取り組めているか

 

 

というのは、

 

話が別になってきます。

 

 

 

あなたのビジネスは、どうですか?

 

 

 

客数×購入頻度×取引単価

 

 

 

この三つの要素のなかで、

 

どれがしっかり取り組めていて、

 

「もう充分だ」と言える状態にあるでしょうか。

 

 

 

客数ですか?

 

 

購入頻度ですか?

 

 

それとも取引単価ですか?

 

 

 

もしあなたが毎日忙しく

 

されているのであれば、

 

客数はある程度充分かもしれません。

 

 

 

ですが、

 

購入頻度や取引単価は

 

どうでしょうか?

 

 

 

まだまだ上げる余地はありませんか?

 

 

 

おそらく私の今までの経験上ですが、

 

客数を増やすことには、

 

それなりの広告費を投じて、

 

集客しているけど、

 

 

取引単価や購入頻度に着目をして、

 

しっかりと取り組んでいる

 

会社、店舗というのは、

 

あまりいらっしゃらないかなと

 

思います。

 

 

 

ですが、

 

はっきりいうと、

 

 

購入頻度や取引単価を

 

上げる方が実はコストも安く、

 

比較的簡単に行うことができます。

 

 

ただ、

 

間違ったマインドを持っていたり、

 

マーケティングや具体的な方法を

 

知らないだけです。

 

 

 

ビジネスを長期的に

 

安定させるには、

 

 

 

”どれだけ多くの顧客に

 

お金を使ってもらうか”

 

ではなく、

 

 

 

”一人にどれだけ多くのお金を

 

使ってもらうか”

 

 

が鍵です。

 

 

多くの経営者、起業家は、

 

前者のマインドで、

 

必死になって顧客を獲得しようしています。

 

 

 

もちろん、新規の顧客を獲得しなければ、

 

ビジネスは成り立ちませんから、

 

とても大事なことです。

 

 

しかし、

 

 

”一人にどれだけ多くのお金を使ってもらうか”

 

 

にもっと必死になって取り組んでください。

 

 

 

これだけで、

 

もっとあなたのビジネスは、

 

安定した基盤ができてきます。

 

 

 

商品が一つしかない人は、

 

商品を作ってください。

 

 

 

シンプルですよ。

 

 

 

商品が一つのビジネスは、

 

ビジネスではありません。

 

 

趣味か趣味の延長です。

 

 

 

ぜひ今日のマインドを意識してください。

 

 

 

 

今日も最後まで読んでいただきまして、

 

ありがとうございました。

 


[無料]高額商品が売れる仕組み作り9ステップWebセミナー

この記事が面白い!勉強になったと思ったらSNSでシェアお願いします!