これを知らないとセールスで苦労します

The following two tabs change content below.

栃本 常善

株式会社マーケティング・エッセンシャルズ代表取締役/一般社団法人Webコピーライティング協会代表理事/高単価ビジネス構築の専門家/マーケター/ 24歳月収12万⇒28歳起業し現在2社経営/Webマーケティング会社/高単価ビジネス実践会主催//初著書「個人がゼロから高単価ビジネスを作る方法」(仮)絶賛執筆中。

本日は、

あなたのセールスを楽にする秘訣についてお話をします。

 

ちなみに、私はセールスマンじゃないから、

関係ない、とか言わないでくださいよ。

 

あらゆるビジネスで、

セールスは必要ですから。

 

さて、この言葉はご存知ですか?

 

「優れたマーケティングは、

セールスを不要にする」

 

これは、ピータードラッカーの

言葉ですね。

 

聞いたことがある方も多いと思います。

 

あなたは、

この言葉を深く考えたことがありますか?

 

この言葉を見て、

疑問に思われた方もいらっしゃると思います。

 

「じゃあどうやったら

セールスが不要になるんだろう」と。

 

これはいろいろな考え方がありますが、
あなたがやっているメルマガやブログ、広告も

マーケティングの一部です。

 

セミナーもそうですね。

 

あなたがやっていることを続けていれば、

必ずセールスは不要になります。

 

セールスをいつまでもたっても

し続けないといけないのは、

マーケティングをしていないからです。

 

セールスが入らない、

つまり相手から買いたいです!申し込みたいです!

と言いたくなるようにするには

どうしたらよいのか?
それは、

相手が気付いていない問題

(しかも深刻であればあるほど強力)に

気づかせてあげることです。

 

人は、

ポジティブなことよりも

ネガティブなことに、

より反応を強く示す、というのがあります。

 

だから、

相手が抱えている

本質な問題に気づかせてあげることが

まずはあなたが最初に

やってあげなければいけないことです。

 

ダンケネディが言っていましたが、

「ビジネスは問題解決、

問題解決じゃない商品は扱うな」

というようなことを言っていました。

 

あなたのビジネスはどうですか?

問題解決をするビジネスをしていますか?

 

もしそうなら、

まずは最初の接触の段階で

しっかりと相手の問題を

把握することに全力を注いでください。

 

しかも相手が気付いてない問題を、です。

 

そして、

問題を把握し、

その問題を放っておくことで、

どんな将来になってしまうのか?

 

そこまでしっかりと

相手に伝えられると、

自然とあなたに

その問題解決の方法を

どうしたらよいか?

きっと相手は頼ってくれるようになります。

 

セミナーを開催したあとの個別相談というのは、

この流れにスムーズに

持って行くことができるのです。

 

士業やコンサル、コーチ、

セラピスト、カウンセラーといった

ビジネスをされている方は、

 

このあたりがスムーズにできるようになると、

クライアント獲得に困らない状態が作れるようになります。

 

ぜひ、

相手が気付いていない問題を明らかにする

というステップを意識して

取り入れてみてくださいね。

 

本日も最後まで読んでいただきまして、

ありがとうございました!


この記事が面白い!勉強になったと思ったらSNSでシェアお願いします!