あなたのセールスがうまくいかない理由

The following two tabs change content below.

栃本 常善

株式会社マーケティング・エッセンシャルズ代表取締役/一般社団法人Webコピーライティング協会代表理事/高単価ビジネス構築の専門家/マーケター/ 24歳月収12万⇒28歳起業し現在2社経営/Webマーケティング会社/高単価ビジネス実践会主催//初著書「個人がゼロから高単価ビジネスを作る方法」(仮)絶賛執筆中。

こんにちは、マーケティングパートナーの栃本です。

ダイレクトレスポンスマーケティングをベースにした
ビジネス構築を得意とするコンサルタントです。

 

本日のテーマですが、

僕も昔営業のペーペーだった時、

 

営業先で、

いきなり商品説明をしてしまう、

ということをよくやっていました。

 

相手は、ひたすら頷くしかない、、、

しまいには昼明けとかだと、

寝だす人もいましたよ(笑)

 

そして、

そもそもあんた誰なの?

お宅の会社信用できんの?

 

みたいな気持ちで

話を聞いていたと思います。

 

これは何も営業に限らず、

すべてのビジネスで通じるんですが、

 

そもそも商品売る前に、

信頼関係を構築していますか?

 

基本的なセールスの流れとしては、

 

見込み客と会う

↓↓↓

信頼関係を構築する

↓↓↓

セールスする

 

この流れが理想なのですが、

 

この真ん中の

「信頼関係を構築する」

という最も大事なステップを

すっ飛ばして、

いきなりセールスを

してしまう人が非常に多い。

 

こういう人は、

巧みなトーク術や

クロージングテクニック

に走りがち。

 

でも、これらは

本質的ではありません。

 

そうではなくて、

まずは信頼関係を構築すること。

 

じゃあどうやったら信頼を

してもらえるようになるのか?

 

それについては、過去の僕の記事で書いているので、

こちらをご覧ください。

【「信頼」とは一体どこから生まれるのか?】

 

信頼関係を構築することができれば、

セールスしやすい状況を

作ることができます。

 

要は、

相手があなたからの

提案なら受け入れます!

という態勢になってくれるわけです。

 

そうなったら

すごくいいですよね?

 

特に高額商品を扱っている

ビジネスをされている方は

特にこの流れが必須になります。

 

いかがですか?

 

あなたが売れない理由、

相手に話を聞いてもらえない理由は、

 

この「信頼関係を構築する」

という最も大事なステップを

すっ飛ばしている可能性があります。

 

過去に書いた記事を参考にしていただき、

どのように信頼構築をするか?

 

ぜひ考えてみていただき、

あなたのセールスステップの中に

組み込んでみてください。

 

本日も最後まで読んでいただきまして、

ありがとうございました!


この記事が面白い!勉強になったと思ったらSNSでシェアお願いします!