ヒアリング力をアップさせる3つのフレーズ

The following two tabs change content below.

栃本 常善

株式会社マーケティング・エッセンシャルズ代表取締役/一般社団法人Webコピーライティング協会代表理事/高単価ビジネス構築の専門家/マーケター/ 24歳月収12万⇒28歳起業し現在2社経営/Webマーケティング会社/高単価ビジネス実践会主催//初著書「個人がゼロから高単価ビジネスを作る方法」(仮)絶賛執筆中。

こんにちは。

 

マーケティングコンサルタント、セールスライターをしています、

 

栃本です。

 

 

かなり涼しくなりましたね!

 

 

ジャケット着ずに出てきましたが、

 

若干肌寒いくらいです。

 

 

 

今日は朝から、嫁さんが友達の

 

ブライダルネイルを

 

するということで、

 

午前中は子守をしていました。

 

 

 

午後からクライアントさんとの

 

打ち合わせ、

 

そして夕方から栄に出てきて、

 

タスクをこなし、

 

これから会食です。

 

 

その前にメルマガを書いております。

 

 

 

さて、本日のテーマです。

 

 

「効果的なヒアリングをするための3つのフレーズ」

 

ということで、

 

 

あなたも何かしら、

 

お客さんへヒアリングをする

 

機会があるのではないでしょうか。

 

 

その際に、

 

ぜひ今日お話する、

 

3つのフレーズを意識して

 

使ってみてください。

 

 

特に、

 

士業やコンサルタント、コーチ、

 

セラピスト、歯科医師や治療家の方が、

 

この3つのフレーズを使うことで、

 

 

お客さんの本当の悩みや問題、

 

本音などを聞くことが

 

できるようになるため、

 

 

セールスやクロージング、

 

または顧客のニーズを

 

的確に知ることができ、

 

あなたが提供したい

 

商品、サービスの成約率を

 

グンとあげることができるように

 

なります。

 

 

 

 

まず3つのフレーズをお話する前に、

 

ヒアリングをする際の大前提として、

 

 

1、相手に興味を示す

 

2、質問をコンパクトにする

 

 

この2つを意識してください。

 

 

 

特に、

 

1、相手に興味を示す

 

については、

 

相手に気持ちよく話してもらうために

 

とても重要なポイントになります。

 

 

具体的には、

 

相手の方にしっかりと体を傾けて、

 

あいづちをうつ。

 

そして、相手の話をすべて聞き終わってから、

 

1テンポおいて質問をする。

 

 

間違っても、

 

相手が話している途中で話を遮って、

 

こちらが話し始めないように

 

してくださいね。

 

 

 

 

3つのフレーズとは、

 

 

・具体的には?

 

 

・例えば? それってどういうことですか?

 

 

・それはなぜですか?

 

 

の3つです。

 

 

 

基本的には、

 

お客さんが普通に

 

話していることは、

 

ほとんど表面的だったり、

 

抽象的なことばかりで、

 

 

具体性がありません。

 

 

 

 

あなたが本当に

 

顧客の本音を聞き出したいのなら、

 

 

相手が話すことに対して、

 

この3つのフレーズを使って、

 

より深く掘り下げてみてください。

 

 

 

 そうすることで、

 

あなたが思ってもいなかった、

 

顧客の本音が聞けるようになります。

 

 

 

実は、

 

マーケティングの中で、

 

非常に重要である「リサーチ」においても、

 

この3つのフレーズをよく使います。

 

 

 

ヒアリングがうまく

 

できないという方は、

 

この3つのフレーズを

 

ぜひ使ってみてください。

 

 

 

 

飛躍的にヒアリング力がアップしますよ!

 

 

 

 

「知っている」と「実践している」とでは、

 

雲泥の差ですからね。

 

 

 

それくらい知ってるよ!

 

と思った方は、

 

ぜひ実践してください。

 

 

 

 

本日も最後まで読んでいただきまして、

 

ありがとうございました。

 


この記事が面白い!勉強になったと思ったらSNSでシェアお願いします!