『集中力』を自在にコントロールするには?

The following two tabs change content below.

栃本 常善

株式会社マーケティング・エッセンシャルズ 代表取締役  マーケティングコンサルタント/Initiative Entrepreneurアカデミー(起業家のビジネススクール)主宰 1985年生まれ、奈良県出身 大学卒業後、人材派遣・紹介会社で営業、その後ベンチャー系のWEB制作会社に転職し、営業兼WEBコンサルタントを経験。トップセールスとなる。しかし、WEBだけではクライアントに貢献できないと痛感し、28歳でマーケティングコンサルタントとして独立。 現在では、経営者としてウェブ制作・プロモーション支援をする会社を経営しながら、個人起業家のためのビジネススクール「IEA」を主宰し、ウェブ集客とマーケティング、セールスを教えている。

さて、最近ハマっている本があります。

「超集中力」です。

そう、あのメンタリストDaiGoの最新刊ですね。この本はかなり実践的で、僕の中で「集中力」に関するバイブル本になりそうです。

もしあなたが、

集中力が持続しない、

仕事のパフォーマンスが上がらない

などいった悩みを持っているなら、かなりお勧めです。

さっそくクライアント何人かにオススメしたんですが、みんな好評です。

DaiGoいわく、集中力には、前頭葉にある「ウィルパワー」という燃料みたいなものがあるといいます。

それで、この燃料というのは、意識するだけで、節約したり、あるいはものすごく消耗したりしまうというのです。

そして、習慣になると、ウィルパワーを節約することができるようになると。

なので、例えばイチローなどの一流アスリートレベルになれば、素人にとってはものすごくエネルギーを使うような素振りや練習なども、行動を習慣化することによって、ウィルパワーをほとんど消費しないため、疲れない状態を作れているというのです。

このウィルパワーを最も消費するのは、「決断」です。

例えば、朝から悩みごとを抱えたまま、決断を先延ばしにしたりすることがあると、ウィルパワーはどんどん消費され、脳は非常に疲労してしまいます。なので、決断は早くすることがポイントなのだそうです。

例えば、スティーブジョブスは、月曜日の服、火曜日の服、というように一週間の服をあらかじめて決めておき、

決断をしないようにしていたんですね。無駄なことにこのウィルパワーを消費しないためですね。これも一つの習慣化によるものです。あなたもこの集中力を自在に操るスキルを身に付けてみてくださいね。

これから良書については、どんどんこのメルマガでも紹介していきたいと思います。

 

本日もさいごまで読んでいただきまして、

ありがとうございました。


この記事が面白い!勉強になったと思ったらSNSでシェアお願いします!