成果に直結するタスク管理とそうでないものの決定的な違いとは?

The following two tabs change content below.

栃本 常善

株式会社マーケティング・エッセンシャルズ 代表取締役  マーケティングコンサルタント/Initiative Entrepreneurアカデミー(起業家のビジネススクール)主宰 1985年生まれ、奈良県出身 大学卒業後、人材派遣・紹介会社で営業、その後ベンチャー系のWEB制作会社に転職し、営業兼WEBコンサルタントを経験。トップセールスとなる。しかし、WEBだけではクライアントに貢献できないと痛感し、28歳でマーケティングコンサルタントとして独立。 現在では、経営者としてウェブ制作・プロモーション支援をする会社を経営しながら、個人起業家のためのビジネススクール「IEA」を主宰し、ウェブ集客とマーケティング、セールスを教えている。

おはようございます。
ウェブ集客と顧客獲得の仕組み作りの専門家
栃本常善です。

さて、これから岐阜に行ってきます。

そういえば、
2月から月1回、
MIDFM76.1にて
ラジオ番組を1年間やることになりました。

私の回は、
おそらく第3火曜日の19時〜30分の
枠になりそうです。

ラジオ番組なんて
やれるのでしょうか?(汗)

何事も自分の成長の機会だと
思って頑張ってみようと思います。

私がやるからには起業家向けの
番組にしようと思っていますので、
私のメルマガを読んでいただいている方は
楽しんでいただけるのではないかと思います。

ちなみに番組は、
友人の自分ブランド起業コンサルタント、
野口哲郎君と一緒にやります。

せっかくなので、
自分たちが楽しみながら、
聞いていただける方の
お役に立てられるような
コンテンツにしていきたいと思っています。

詳細はおいおい紹介していきますね。

 

さて、
本日はタイムマネジメント、
タスク管理について。

最近クライアントさんと
話をしていても
よく出る話題です。

これ根本的に、
勘所を抑えていないと
とんでもないことになります。

どういうことかというと、
例えば、日々のタスク管理、
行動計画など手帳にリストアップをしたり、
ToDoリストみたいなのを使って
管理されているのだと思うんですが、

そのリストをこなしていく先には
何が待っているのかあなたはちゃんと見えていますか?

めちゃくちゃ当たり前の話なんですが、
あなたの目標やビジョン実現に
繋がるような行動計画、
ToDoリストになっていなければ
ならないのです。

でも、話をしていると、
どうやらそうなっていない方がいます。

要は、そもそも数値目標すら
明確になっていなかったり、

目標は明確にしたけど、
その目標を意識した
行動計画になっていなかったり、

ただ単に日々やるべきこと、
作業タスクをただリストアップして、
それに対して優先順位をつけているだけだったり。

◼︎あなたもこんなことになっていませんか?

こういうふうに日々の仕事を
こなしているととんでもないことになります。

そう、顧客も獲得できない、
売上も上がらない、
最低限の利益も出せない、
そして、収入が一向に増えない、
なんてことになってしまいます。

だから、いくら売上げて、
いくらの利益をあげなきゃならないのか?
をしっかり明確にすること。

そして、それを実現するための
計画と日々の行動数値。

ここが曖昧だと、
全然日々のタスク管理が意味をなさなくなります。

本当の優先順位とは、

「自分が得たい成果を得るための優先順位」

なのです。

意味をなさないというのは、
目標が達成されないということです。

あなたはビジネスを通じて、
何が得たいのでしょう?

それに向かっていかない
日々のタスク管理、行動管理は
果たして意味があるのでしょうか?

ただ単に最低限やらないといけない
作業タスクをこなすだけで
日々終わっていませんか?

 

目標設定と目標を達成する秘訣については、
合わせて先日書いたブログも見ておいてくださいね。
↓↓↓
「目標設定しても達成しない理由と5つの解決策」

 

それでは、また。

本日も最後まで読んでいただきまして、
ありがとうございました。


[無料]高額商品が売れる仕組み作り9ステップWebセミナー

この記事が面白い!勉強になったと思ったらSNSでシェアお願いします!