「自立」ではなく「自律型起業家」を育成する

The following two tabs change content below.

栃本 常善

株式会社マーケティング・エッセンシャルズ代表取締役/一般社団法人Webコピーライティング協会代表理事/高単価ビジネス構築の専門家/マーケター/ 24歳月収12万⇒28歳起業し現在2社経営/Webマーケティング会社/高単価ビジネス実践会主催//初著書「個人がゼロから高単価ビジネスを作る方法」(仮)絶賛執筆中。

こんにちは。栃本常善です。

少しメルマガ配信が空いてしまいましたね。

楽しみにしていただいていた方には申し訳ありませんでした。

再開していきますので、ぜひ引き続き読んで頂けますと幸いです。

今後は、起業家・中小企業経営者向けに私がこれまで実践、経験してきたことをベースに、「高単価ビジネス構築」「オンライン集客」「マーケティングの仕組み作り」「リーダーシップ」のテーマを中心としたメルマガを配信していきます。

 

最近の私のトピックとしては、
新たにスタートさせるプログラムの準備をしておりました。

また、今回スタートするプログラムの準備と並行し、
出版が決まった私の一冊目の本の執筆をしておりました。

若干テーマの方向性に修正が入ったため、
それに合わせた執筆ををしなおしております。

 

みなさまにお届けするまでには
もう少しかかりそうです。

さて、今回リリースするプログラムとは、

「高単価ビジネス構築プログラム」というものです。

 

個人やフリーランスの起業家が
高単価ビジネスを構築する
サポートをさせていただく
プログラムになっています。

このプログラムは、
「自律型起業家を育成する」
ことをミッションにしています。

自立ではなく、
「自律」という言葉にしたのには
理由があります。

自立とは、
「自分1人の力で物事を行うこと」
という意味なのに対して、

自律とは、
「他からの支配を受けず、
自分の決めた規範に従って
正しく行動すること」
という意味があります。

私が目指している
起業家の理想の姿は、

自分のビジョンやミッションが明確であり、
その実現に向けたビジネスを構築し、
自らが主導権を持って
人生を生きている状態です。

起業家は、
自らの持っている価値を社会に提供し、
その対価として収入を得ることが
仕事なのです。

自分自身がお金を稼ぐため、
生活をするためだけに、
仕事をしている人は、
起業家ではないと私は考えています。

人が、やりがいを感じる時というのは、

人から感謝されたり、
喜んでもらえたり、
人から褒めてもらえたり、
賞賛されたり、認められたり、

というフィードバックが
もらえた時ですよね?

こういったときに、
「頑張ってきて良かった」と思うし、
さらにより一層やる気がみなぎってきます。

あなたは何のために起業したのですか?
何のために仕事をしているのですか?

ここにもう一度ちゃんと
向き合ってもらいたいのです。

実は、私自身が何のために起業したのか?
もっというと誰のために仕事をしているのか?

を見失っていました。

それは、独立して2年目、結婚式前夜に
気づかされることになりました。

私は、独立する前に、
婚約していた今の妻との間に
子供を授かりました。

今思えば、本当に精神的にも
キツかったです。

独立と、結婚、そして、
子供を授かるというタイミングが
重なりましたから、

余裕がありませんでした。

妻もネイリストのため、
週末は仕事し、私が子守をしていました。

しかし、子守どころか
仕事のことで頭がいっぱいで、
心ここにあらず状態で、
スマホやPCで仕事をしながら、
子守をしていました。

そうして、妻の精神状態も
当然よくありませんでした。

そんな中で、結婚式を迎え、
結婚式前夜に悲劇が起こりました。

当時1歳だった息子が
突然けいれんを起こし、
呼吸が止まり、泡を吹いて、
一時意識不明になってしまったのです。

熱も40℃を超え、
深夜1時ごろでしたが、
救急車で運ばれました。

その後、3回に渡って
痙攣を起こすことを繰り返し、
そのまま入院することになりました。

結局は、式1時間前まで、
病院で過ごすことになり、
なんとか結婚式をあげることはできましたが、
大変な1日となりました。

このことで、
こういったことになってしまったのは、
間違いなく私のせいだったのです。

私のせいで、妻に過度なストレスを与え、
それによって、最終的に息子に
ストレスを与えていたのです。

そのストレスがいよいよ限界に達し、
結婚式前夜に爆発したのです。

自分が何のために起業したのか?
何のためにビジネスをするのか?
誰を幸せにするために仕事をしているのか?

そんなことを痛烈に考えさせてくれる
きっかけになりました。

今では、その息子も5歳になり、
1月で6歳、4月から小学生になります。

今でも思い出すと泣きそうになるのですが、
本当に無事に育ってくれていて嬉しいですし、

2度とこんな苦しい思いをさせたくないと強く思います。

特に、家庭をお持ちの起業家の方に
お伝えしたいことが、

今の働き方、ビジネスのやり方で、
本当に大丈夫ですか?ということです。

この先、1年、5年、10年と先を見据えて、
今の労働集約、時間の切り売りによる
ビジネスをどこまで続けますか?

早いうちから、
時間の切り売り、労働集約的な働き方から脱却し、
「価値」で売るスタイルに変えませんか?

 

今回私がスタートさせる講座
「高単価ビジネス構築プログラム」は、

「時間売り」から「価値を売る」
働き方にシフトし、

自分のビジョン、ミッションにしたがって、
高単価ビジネスを構築し、
自ら主導権を持った「自律型起業家」
になるためのプログラムになっています。

興味を持っていただけた方、
共感いただけた方は、
ぜひオンラインでの体験セミナーに
お越しください。⇒高単価ビジネス構築プログラム体験セミナー&説明会

※本プログラムは、完全オンラインでのサービス提供となるため、
全国どこからでもご参加いただけます。


この記事が面白い!勉強になったと思ったらSNSでシェアお願いします!