広告で成果をあげるアンケート

The following two tabs change content below.

栃本 常善

株式会社マーケティング・エッセンシャルズ代表取締役/一般社団法人Webコピーライティング協会代表理事/高単価ビジネス構築の専門家/マーケター/ 24歳月収12万⇒28歳起業し現在2社経営/Webマーケティング会社/高単価ビジネス実践会主催//初著書「個人がゼロから高単価ビジネスを作る方法」(仮)絶賛執筆中。

こんにちは。

 

マーケティングコンサルタント、

 

セールスライターをしています、

 

栃本です。

 

 

アンケートシリーズを続けてきましたが、

 

今回は、

 

「広告で成果をあげるアンケート」は、

 

どんなものなのか?

 

 

について書いていきます。

 

 

 

広告で成果が出るアンケートとは、

 

ズバリ、お客さんの購買心理の流れを

 

理解しているものです。

 

 

 

どういうことかというと、

 

 

お客さんが

 

商品を買うまでの流れは、

 

 

 

問題を抱えている

 

悩んでいる

 

欲求が顕在化

 

↓↓↓

 

問題を解決できる

 

悩みを解消できる

 

商品・サービスがないか

 

情報を収集する

 

↓↓↓

 

商品を購入しようか悩む

 

本当にこれで良いか不安になる

 

↓↓↓

 

不安を解消し、

 

購入決定

 

↓↓↓

 

購入後の感想・評価

 

効果検証

 

 

 

ざっくりとこんな流れになります。

 

 

つまり、

 

あなたの会社の商品や

 

サービスを購入しよう

 

と思う時に、

 

必ずと言っていいほど

 

このステップを踏むのです。

 

 

ですから、

 

その流れに沿って、

 

アンケートによる

 

リアルな体験を

 

広告に使うことで、

 

 

同じ状況や立場にある

 

見込み客が見た時に、

 

 

自分の状況に

 

重ね合わせることが

 

できるので、

 

 

アンケートを見るだけで、

 

ある程度見込み客が

 

あなたの商品を買うイメージを

 

持つことが可能になるのです。

 

 

 

また、

 

そのアンケートの情報を

 

より多く蓄積することで、

 

より有力なお客さんの

 

データとなります。

 

 

そうなってくると、

 

このデータを見るだけで、

 

 

お客さんの欲求や悩み、

 

またどんなメディアで

 

どのように情報収集し、

 

購入前にどのような不安を持ち、

 

どのような理由で

 

商品を購入しているのか

 

 

というように、

 

お客さんのことを

 

深く理解することが

 

できる材料になるのです。

 

 

アンケートは、

 

単なるアンケートではありません。

 

 

有効活用することで、

 

素晴らしい情報収集ツールにもなりますし、

 

最強の営業ツールにもなります。

 

 

ぜひしっかりと活用してください。

 

 

 

それで、

 

アンケートの型ですが、

 

以下のような流れです。

 

 

 

 

購入前にどんな悩み、不安を持っていたか

 

 

↓↓↓

 

 

どのようにこの商品を知ったか

 

 

↓↓↓

 

 

この商品を知ってすぐに購入したか、

 

もししなかったとしたらそれはなぜか

 

 

↓↓↓

 

 

何が最終的に決めてとなって購入したか?

 

 

↓↓↓

 

 

実際に商品を使ってみてどうだったか?

 

 

 

 

という流れです。

 

 

 

ぜひこちらを使ってみてください。

 

 

 

今日も最後まで読んでいただきまして、

 

ありがとうございました。

 


この記事が面白い!勉強になったと思ったらSNSでシェアお願いします!